タグ別アーカイブ: 松島

晴れ晴れ松島

8月、宮城県の小学生の夏休み最終日に、友人夫婦と松島観光。

この日の早朝、一人で自転車乗って松島に来ていたので、一日に二度松島に来たのでした。もちろん、二度目は自転車じゃなく、クルマです。

夏休み最終日というのもあってか、さらに、やや秋に向かいつつある最近の気候には珍しく、夏らしい日差しと暑さも手伝ってか、お昼時の松島周辺はなかなか渋滞で前に進めない。震災以降、何度か松島に来る機会はありましたが、これだけ賑わっているのはこの日がいちばん。活気があって嬉しいです。

そんな渋滞の待ち時間のおかげもあってすっかり空腹の準備完了。

104_01

観光客っぽくきらきらした海鮮丼を。

104_02

せっかくなのでカキフライもいただきましたよ。

松島水族館の閉館(仙台へ移転)が決まったというので、見納めにということで遊びに行ってきました。

以前仕事で機会があってちらっとだけおじゃましたことがあったものの、入館料を払ってゆっくり観るのはこれが最初で最後ということになりました。

104_03

104_04

いま80歳ぐらいの方が当時のことを思い出しながら観に来たら、どんな気持ちになるのだろう。

ちょうどタイミングよくアシカショーが始まるところでした。ギャラリーは満員で、立ち見になってしまいましたが。

アシカ、賢くて、健気で、食欲旺盛でかわいい。

アシカ、賢くて、健気で、食欲旺盛でかわいい。

これ終わったらエサー!とばかりに、一生懸命いつもの仕事をそつなくこなす。

これ終わったらエサー!とばかりに、一生懸命いつもの仕事をそつなくこなす。

ところで、アシカショーをこちら側から見るとどこからか感じる視線。

104_07

104_08

104_09

こけし!!!!

見守っていました。

アシカショーも盛況に終わり、いよいよ水槽の展示に向かいます。

撮影禁止でないのは分かっていながら水槽を泳ぐ魚達の写真をほとんど撮らなかった私。まぁ、混んでたから。。

こういう場末のスナックがあっても疑わない。

こういう場末のスナックがあっても疑わない。

夏休みの納涼感の期待を一手に引き受けるペンギンたち。お疲れ様です。

104_12

104_13

ひと通り海の生き物の展示を見終わり、乗り物コーナーへ向かいました。

さすがにここは人気がない

さすがにここは人気がない

メリーゴーランドの階下はお父さんたちの喫煙所という、現実と夢の世界が同居する構造。

104_15

のりもの券、1枚200円。

のりもの券、1枚200円。

のりもの券を握り締め、メリーゴーランドへ。

のりもの券を握り締め、メリーゴーランドへ。

この馬も水族館の閉館することを知っているのかも知れないね。子どもの夢を乗せ続けた名脇役。

この馬も水族館の閉館することを知っているのかも知れないね。子どもの夢を乗せ続けた名脇役。

104_19

レトロな色合いのテーブルもイスも、食事コーナーも、今年でおしまい。

104_20

104_21

104_22

104_23

サインがかわいい。

サインがかわいい。

104_25

104_26

松島水族館、長い間お疲れ様でした。

104_27

最後は松華堂のカフェでふわふわのかき氷を食べました。

練乳とふんだんに添えられたあずきとで、口の中が甘さに支配され、松島ぶらぶらを締めくくり。

2週間ぶりに

ロードバイク走行記録。2週間ぶりに土日とも朝は雨が降らなかったので土日とも乗れた週末。

8/23(土)大郷町方面へ 朝4:30出発
距離:63.6 km
時間:02:41
平均速度:23.7 km/h
獲得標高:486 m
カロリー:1,300 kcal

・岩切、利府方面から3号線を北上。大郷町方面を目指す
・道中、思ったより道幅も狭くなく交通量もそこまで多くなかったのでストレス低めでした
・30km地点、大郷の道の駅近くのコンビニで休憩
・ここから南下、利府方面へ戻る。
・上り区間、最高129mを越えるけどそこまで急坂ではなく淡々と上り切る
・下ってあっという間に利府。45kmくらいで物足りないので県民の森初挑戦
・青少年の森がある方面から入ってみたところ、激坂に遭遇!維持で乗り切る
・曇り気味の天気で、鬱蒼とした木々の雰囲気がちょっと怖かった
・あとは下って、松森〜鶴ケ谷と抜けて帰宅

大郷方面、案外大きなクルマや交通量が多くないのでいい道かも、と発見した1日。県民の森は激坂あったものの距離が短いのとちょっと怖い。バス釣りしてる人がいて人の気配感じてからはちょっとほっとしました。あと1人だけサイクリスト見かけました。なんといっても2週間ぶりに汗流してスッキリ。

翌日、好天に恵まれたので久しぶりに2日連続早朝ライド!

8/24(日)大和〜大郷〜松島方面ぐるり 朝5:00前出発
距離:72.0 km
時間:03:01
平均速度:23.8 km/h
獲得標高:648 m
カロリー:1,480 kcal

・泉パークタウン方面へ北上
・宮城大学を過ぎてから靄が立ち込める道が続く

103_01
・靄で霞む中田んぼの風景の上に昇る朝焼けが感動的!
・4号線を跨いで、鶴巣小の方へひたすら農道走る。気持ちいい。
・途中、昨日走った道と合流。ちょっと安心。
・また昨日寄った大郷のコンビニで休憩。おにぎりなどを補給
・次の目標、松島。20分弱で到着。

103_02
・松島朝日が眩しい!海がとっても穏やかでやさしい。
・カフェロワン跡地を見に西行戻しの松公園へ上る

103_03
・上りきってここまでの疲れがどっと来たので、自販機でドリンク補給
・体休まったのをいいことにさらに上ろうと松島パノラマライン挑戦
・上りは大変だったけど、激坂というほどではないので無事攻略
・それにしても昔有料道路だったとかいうこの道のパノラマラインっぽくなさと言ったら(眺めが…)
・あとは仙台へ戻ることを決めて45号線南下
・塩竈〜岩切〜泉〜と来たところでさすがに疲れがひどそうなのでコンビニ休憩
・あと少しで帰宅という時こそ無理せず補給。甘いものいくらでも食べられる。
・気分も良くなって、再スタート。あとは無理せずゆっくり帰宅。

初めて70kmを越える距離を走って、昨日の疲れも蓄積されているとは思うけどやっぱり経験のない距離を走るのはそれなりに大変だなと身を持って実感。それでも天気が良かったし、疲労感が達成感みたいなものにも感じられたし、今季ベストと言っていいサイクリングとなりました。前ならこんな坂上れなかっただろうなーという道も、疲れた上でも案外上れたりしたし、少しずつ体力が付いてきたのを感じます。70kmも走ってもほとんどお尻痛くなくてレーパンの威力も実感しています。筋肉痛とともに充実感に満ちた週末でした。やっぱり体動かすの楽しいなー。

男5人の温泉旅行

僕の地元は仙台ではありませんが、たまたま宮城に高校時代の友達が一人転勤になってきたのと、東京・青森とそれぞれから友達が集まりやすい場所ということで、高校時代の友達が宮城に集まって鳴子温泉へと男5人の温泉旅行に行ってきました。

というかなんかもうまどろっこしいんで言っちゃいます。久しぶりにKとRと会いました。

076_02

076_01
遅くに着いたのですぐ夕食です。

鳴子ホテルなど気になる宿はいろいろあれど、男5人の旅行となれば(しかも連泊なので)なるべくコスパの良い所を選びたいもの。とは言え1月の三連休に安く泊まれるところはなかなか無いかな…と思ったら、うまいことあるものです。二食付き連泊で三連休というのも考慮すると、相当お得だったんじゃないかと思います。

076_04
気がつけば他の客がいなくなっていて、Kが大広間で個食です(僕達4人はもちろんちゃんといます)。

鳴子温泉駅からは少し距離がありますが、電話を入れると都度送迎してくださる親身な対応。部屋と食事は値段相応というか、可もなく不可もなくといったところですが、まぁ特に悪いと思うところはないです。温泉はさすがの鳴子温泉。アブラ臭?と表現される香りの泉質だったと思いますが、いかにも効き目がありそうな香りと色。ちょうど雪が降り積もる天気だったので、雪を眺めながらの露天風呂は最高でした。

076_03
部屋に戻るといつも通り。Kは研修を終えて駆けつけたので初日はChampionのジャージです。

076_05
翌朝。大きな中庭は雪に覆われてしまいました。

076_06
ホテルから駅に向かう徒歩20分。この道中も楽しすぎてなかなか前に進みません。

二日目の日中は駅でレンタカーを借りてドライブがてら松島まで。雪深い鳴子から一転、積雪もなく、気持ちよく青空の広がった松島には観光客がたくさん。

076_07

松島来たらとりあえず牡蠣!とばかりに松島さかな市場で牡蠣のランチ。牡蠣食べ放題(僕はやったことない)もやってみようかという話しになりましたが、みんな牡蠣は5個くらい食べられればいいというような感じになり、今回は見送りました。それにしても観光客がいっぱいで、牡蠣食べ放題も順番待ちでしたけどね。

076_08
076_09

076_10

食後は近くの定番五大堂へ。Rの指差す方向へ、最近出来たということで気になっていた松美庵カフェが見えたので行ってみました。

建物の2階がカフェになっていて、テラス席もあります。意外に空いていてゆっくりコーヒーを頂けました。冬でも天気がよかったのでテラス席にも客がいて気持ちよさそうでした。

076_11

良かったのが3階。3階は席があるわけではなくまるごと展望テラスになっています。3階なのでそれほど高くて見晴らしがいいというわけではないですが、遊覧船が行き来するようすや通りを歩く人たちの楽しそうな雰囲気を眺めるだけでかなり和みます。

帰りに松華堂の前を通りかかったので1階の独まんでソフトクリームを食べて、酒屋さんで日本酒の試飲をして(僕は運転するので飲まず)、松島を後にしました。

車で鳴子にまた戻っていくと次第に道路は雪に覆われていき、宿につく頃にはすっかり雪景色。

076_12

行ってみると分かる、少し大げさな鳴子温泉駅の休憩スペース。

二泊目の夜は一泊目と違う食事だったのも嬉しかったところ。大広間でいただく食事は他の客もそれぞれに楽しんでいる様子が伝わってきて、賑わいがあっていいものです。客層はあまり若くなく、夫婦や家族連れが多かったと思います。

076_13
076_14
二泊目の夜も雪景色の露天風呂を楽しみました。夜遅くまで部屋でワイン。

076_15
翌朝も鳴子は雪。鳴子温泉駅のホームから。

076_16
陸羽東線の電車もこの通りです。

076_17
二泊三日の旅も、三日目の午前中には早々に解散。それぞれの生活に戻って行きました。これからは結婚や新しい家族が出来たりとそれぞれプライベートにも用事ができて、なかなかこんな風には遊ぶ機会も少ないはず。

旅行は終わったけれど、思い出はこれからもずっと思い返すことができます。時間が経つほどにこの思い出が大切に思えるような機会になっていたら嬉しいです。