タグ別アーカイブ: 夏休み

晴れ晴れ松島

8月、宮城県の小学生の夏休み最終日に、友人夫婦と松島観光。

この日の早朝、一人で自転車乗って松島に来ていたので、一日に二度松島に来たのでした。もちろん、二度目は自転車じゃなく、クルマです。

夏休み最終日というのもあってか、さらに、やや秋に向かいつつある最近の気候には珍しく、夏らしい日差しと暑さも手伝ってか、お昼時の松島周辺はなかなか渋滞で前に進めない。震災以降、何度か松島に来る機会はありましたが、これだけ賑わっているのはこの日がいちばん。活気があって嬉しいです。

そんな渋滞の待ち時間のおかげもあってすっかり空腹の準備完了。

104_01

観光客っぽくきらきらした海鮮丼を。

104_02

せっかくなのでカキフライもいただきましたよ。

松島水族館の閉館(仙台へ移転)が決まったというので、見納めにということで遊びに行ってきました。

以前仕事で機会があってちらっとだけおじゃましたことがあったものの、入館料を払ってゆっくり観るのはこれが最初で最後ということになりました。

104_03

104_04

いま80歳ぐらいの方が当時のことを思い出しながら観に来たら、どんな気持ちになるのだろう。

ちょうどタイミングよくアシカショーが始まるところでした。ギャラリーは満員で、立ち見になってしまいましたが。

アシカ、賢くて、健気で、食欲旺盛でかわいい。

アシカ、賢くて、健気で、食欲旺盛でかわいい。

これ終わったらエサー!とばかりに、一生懸命いつもの仕事をそつなくこなす。

これ終わったらエサー!とばかりに、一生懸命いつもの仕事をそつなくこなす。

ところで、アシカショーをこちら側から見るとどこからか感じる視線。

104_07

104_08

104_09

こけし!!!!

見守っていました。

アシカショーも盛況に終わり、いよいよ水槽の展示に向かいます。

撮影禁止でないのは分かっていながら水槽を泳ぐ魚達の写真をほとんど撮らなかった私。まぁ、混んでたから。。

こういう場末のスナックがあっても疑わない。

こういう場末のスナックがあっても疑わない。

夏休みの納涼感の期待を一手に引き受けるペンギンたち。お疲れ様です。

104_12

104_13

ひと通り海の生き物の展示を見終わり、乗り物コーナーへ向かいました。

さすがにここは人気がない

さすがにここは人気がない

メリーゴーランドの階下はお父さんたちの喫煙所という、現実と夢の世界が同居する構造。

104_15

のりもの券、1枚200円。

のりもの券、1枚200円。

のりもの券を握り締め、メリーゴーランドへ。

のりもの券を握り締め、メリーゴーランドへ。

この馬も水族館の閉館することを知っているのかも知れないね。子どもの夢を乗せ続けた名脇役。

この馬も水族館の閉館することを知っているのかも知れないね。子どもの夢を乗せ続けた名脇役。

104_19

レトロな色合いのテーブルもイスも、食事コーナーも、今年でおしまい。

104_20

104_21

104_22

104_23

サインがかわいい。

サインがかわいい。

104_25

104_26

松島水族館、長い間お疲れ様でした。

104_27

最後は松華堂のカフェでふわふわのかき氷を食べました。

練乳とふんだんに添えられたあずきとで、口の中が甘さに支配され、松島ぶらぶらを締めくくり。

美少女なんているわけないじゃない

102_01
青森県立美術館で「美少女の美術史」展を観てきました。夏休み期間でお盆休みの間とあって結構な人出だったと思います。

102_02

副題に「少女について考えるための16の事柄」とあるように主題に「美少女」とうたっているのは、展覧会タイトルのロゴタイプデザイン上の意味もありそうだなーと思いました。「美少女の美術史」の方がロゴタイプ作りやすそうだしね。

以前開催された「ロボットと美術」展同様、一つのテーマに沿って複数のアーティストの作品をオムニバス的に観られる夏休みにぴったりなエンタメ要素もありながら、古典から現代まで通史的に「少女性」や「かわいい」という感覚を考察してみたりと、美術に詳しい人も、そうでない人も楽しめるイベント性の高い企画展。

102_03

チケット売り場で登場するタカノ綾の巨大バルーンで掴みはOKです。ここはもちろん写真撮影可能で作品をバックに記念撮影する人多数(僕も例に漏れず)。

前後しますがチケット売り場よりさらに前、入り口に展示されているobの作品は7月の会期中1ヶ月かけてライブペイントで制作されたそうです。

今回の企画展はフロアをまたいでの展示。これもあってゆっくり見ていると2〜3時間もかかるくらいのボリューム。順路的に後半には映像作品もあるのでじっくり見るには時間と体力を要します。

102_12

少女のイメージって真夏にワンピース着ているあの姿。「セクション7:お部屋で/お庭で」の作品群がまさにそのイメージで、作品中の少女もこちらの視線を感じていないようなもの。夏の回想シーンのようなこのセクションがとても好きでした。季節的にも真夏のイメージが想像しやすく。今後巡回する各美術館ではどのように見えるのかな?季節によっても受ける印象が変わってくるでしょうね。

102_13

お昼前に展示を見始めてしまったので途中お腹が空いちゃって、終盤足早に展示を見終えてお昼休憩。

102_04

同行した妻と母を、運動公園敷地内にある食堂に連れて行こうとちょっと歩いたものの、まさかの閉店!調べると店主が亡くなったそうでそれ以来閉店してしまったのだそうです。前に食べたのは美術館でラブラブショーという企画展をやっていた時で、企画に合わせた特別メニューを出していたりと個性的で庶民的な食堂だったのです。残念でした。。

102_08

気を取り直して美術館内のレストランへ。3人それぞれカレーを注文した上に、なんだかいろいろ食べたいと意気込んだ母の希望でパスタを3人でシェア。疲れがすっかり吹き飛ぶくらいに急に全員満腹モードに。

レストランの流れから最後に八角堂での若手作家の展示を観、

102_05

102_06

102_07

帰りがてらあおもり犬を拝む。

102_09

102_10

102_11

ほんとうは、久しぶりに三内丸山遺跡も観に行きたかったんだけど、また今度。