タグ別アーカイブ: 仙台空港

ツールド仙南?

秋晴れに恵まれた休日、僕はとうとう100km走破を実現しました。

10/18(土)遠刈田温泉〜白石方面まで 朝8:46出発
距離:119.7 km
時間:5h 17m
平均速度:22.4 km/h
獲得標高:1,510 m
カロリー:2,361 kcal

折しも宇都宮ではジャパンカップ開幕で盛り上がる週末。自転車熱が乗り移ったか、ネジが一本外れたか、結果的に120km弱を走って帰って来たのでした。

朝9時前に出発して、15時から始まるジャパンカップクリテリウムの生放送を見れるように帰ってこようという計画でした。まずは錦ヶ丘を通過して秋保温泉へ。

ここまでは何度か走ったことがあるので問題なし。今日は100km超える覚悟でスタートしたので上りでもなるべく早めにローギアに落としてくるくる脚を回していくのを意識していました。ダンシングは最終手段的に本当に大変な坂までとっておくことに。

で、意外に早めに訪れた急勾配。秋保温泉から釜房ダムに通じるこの峠、初めて通ったんですが思いの外キツく、最初の関門になりました。110mほどの標高差を2.5kmの距離で上る。平均勾配としては4.4%ですが、最大勾配は10%超えるところもあったような気がします。。

111_01

ちょっと脚を使いつつ釜房ダムに到着していったん休憩。東北大学の漕艇部が練習してました。

111_02

水分補給してリスタート。次の関門は川崎町から遠刈田温泉に抜けるすずらん峠。ビビリな僕は、ネットで検索ワードのすぐさま候補に出てくる「すずらん峠 心霊」というキーワードにビクビクしながら挑みました。

途中から幅員減少して木立の中を走るので心霊的なことを感じるのも分からないでもないけど、一応舗装路だし、さすがに晴天の木漏れ日の中、山岳コースっぽくて気持ちよかったくらい。というか、勾配もそれなりなのでコワいとか感じる余裕もありませんが。感覚的にはそこまで勾配のキツさは感じず、秋保温泉〜釜房ダムの峠ほどではなかったかなという感覚。

111_03

ここの峠を下って行くと途中左手にクニミネ工業という会社の工場があります。猫の背中が3匹ならんだ絵が壁面に描かれていて、なんともほのぼのした雰囲気を漂わせているのですが、後に妻から聞いたところ猫砂を作っている会社だそうで、とっても納得。心霊、山岳コースとドキドキして挑んだすずらん峠のフィニッシュにはなんとも心和むポイントが用意されているのでした。

ほどなくして遠刈田温泉に到着。

111_04

共同浴場の神の湯前で一旦休憩しました。ここまで45kmを約2時間で到着。僕なりには山岳コースの行程だったので、平均速度22.5km/hはなかなかいいペース!いや、頑張りすぎてもしょうがないんだけど、帰りが遅くなるよりはいいかなという意味で。

111_05

一人で来てるので遠刈田温泉に来ても特に用事がありません。ここの足湯、前に一度入ったことがありますがとっても熱かった覚えが。。

ここで11:30くらい。お昼でも食べたい気分だけど、蔵王に近づくにつれてソフトクリームののぼりを店先で見かけるようになって、ソフトクリームでも食べて休むかーということに。前にクルマで行ったことのある蔵王ハートランドを目指します。

111_06

で、この真っ直ぐな上り区間が今回の行程で一番キツかった。。平均勾配8.3%。さすがに一息では上れず、2回ほど休んでしまった。クルマで来た時にはなんとも思っていなかったけど蔵王ハートランドってこんなところにあるんだなと体感した瞬間。

キツい思いをしながらようやく到着した蔵王ハートランドはとってものどかで、ほのぼの。レーパン姿で汗だくになってたのは僕ひとりだけでしたが。

111_07

いい天気で本当に癒されます。

111_08

保育園の子どもたちかな。ピクニックでちょうど声を合わせて「いただきます!」なんて言っててとってもかわいい。

111_09

念願かなって新鮮なミルクを使っているであろう濃いソフトクリームにありつけて、ちょっと休憩。

今回のウェアは下がショーツ、上が長袖ジャージで出発。上り区間が多くなってきたので長袖ジャージをバックポケットにしまって半袖ジャージで走ってました。ハートランドでソフトクリーム食べて汗もひいて、結構体が冷えました。

なんだかお昼ごはん食べる気もしなくなったのでリスタート。次は白石方面に向かいます。

111_10

またしばらくなだらかに上り区間が続いて、あとはひたすら下る!さすがに蔵王の麓あたりから白石川の流域まで下るので高低差がすごい。ながーい下り区間にブレーキシューもけっこうすり減らしたと思いますが、久しぶりのアルペンスキーの気分で楽しかった。

なんで自転車乗ってて楽しいんだろう、と考えてみて心当たりがあるのが、小さいころのスキーの経験です。クロスカントリーもアルペンも軽くかじった程度ですが、両方好きでやっていたので、自転車に置き換えると平坦と上りはクロスカントリー、下りはアルペンと、スキーで楽しかった経験がくまなく含まれているのがその理由なのかも。平坦と上りがクロスカントリーに置き換わるかというのはさておき、自転車の下りがアルペンスキーの感覚というのは間違いないと思います。そんな気分ですいすい白石まで。

111_11

下りきって白石に入った時点が今回の行程の最南端。とうとう白石まで来てしまった…という感覚の背後に潜むのは「家が遠い!」という焦燥感。予定通り15時までに帰れるのかなーとやや不安を感じつつ、とにかく帰るしかないという思いで仙台まで踏み続ける決意を固めました。

幸いここから全体的に追い風で北上できたのが救いでした。白石川と阿武隈川が合流するあたりまでは県道50号線を。交通量が少なく快適でした。と、そんな平坦区間を楽しむ余裕がなくなってきたのも同じ頃で、だんだん慣れない長距離でお尻と首の筋肉が痛みだしました。

いわゆるレーパンを履いてるのでパッドがついてますが、僕の履いてるのは1着目に買っておきたいエントリーモデルみたいなものなので、さすがに100km超のライドには限度があったのか…。ここからコンビニ休憩がやたらと増えました。

普段は交通量が多くて絶対走らない国道4号を、とにかく早く帰りたい一心で北上。疲れも相当ながらも追い風に乗って下ハン握って平均25km/hぐらいは出せました。

岩沼あたりから仙台空港を飛び立つ飛行機が見えるようになってきて、少しずつ仙台に近づくのを実感。仙台空港アクセス線、名取と、じわじわ近づき、、あすと長町に入ってようやくほっとしました。。

あとは仙台の街なかをのんびり走って帰宅。結局家についたのは15:30ぐらい。事故もなく無事帰れて緊張感と疲労感から一気に開放されました。

それにしても初めての100kmライド、結局120km弱を走ったわけですが、やっぱりキツかった。上り区間をいくつも含んでいたので自分の実力的に後半しんどいというのもありますが、それでもなかなかいいペースで帰ってこれたのが収穫。

通過した市町村は、仙台市〜川崎町〜蔵王町〜白石市〜大河原町〜柴田町〜岩沼市〜名取市〜仙台市と、広い範囲を周遊。名前つけるならツールド仙南ってところかな?

例えば帰りは輪行前提で走る100kmライドだったら心持ちも全然違うんだろうな〜と考えながら走ってました。とにかく家に自力で帰らなきゃいけないというのが、走ったことのない道を走る心境と掛け合わさって少し不安感になったりする。

何はともあれ、100km走った!というこの達成感を目標に夏から数ヶ月自転車に乗り続けたので、まずは一区切り。これぐらいの上りなら大丈夫!という感覚も少しずつ閾値が広がってきたので心に余裕が出来てきました。さてさて、次はどこに走りに行こうかな。。

平坦な道なら

ロードバイク走行記録。台風が直撃しないものの影響があって仙台も雨がちな週末。土曜日は朝の時間帯だけ雨があがる天気予報になっていたので、予報を信じて自転車乗りに出かけました。

仙台空港方面へ 朝4:30出発
距離:63.3 km
時間:02:40
平均速度:23.6 km/h
獲得標高:291 m
カロリー:1,294 kcal

・家を出た時点では曇り空で道路は濡れた状態
・閖上方面まで向かううちに少しずつ霧っぽく雨が降り出したものの、体がひんやりして気持ちいいくらいだったので気にせず走る
・10号線を南下。大きなトラックばっかり走っていて怖かった
・仙台空港の地下をくぐるトンネルが空気悪い道悪いで最悪
・辺りを飛ぶ飛行機でも見られればと思ったものの曇り空どんよりで景色は一切楽しめず(写真1枚も撮ってない)
・空港を過ぎてさらに南下しようとしたところで雨が強くなってきたので仙台へ戻ることに
・岩沼駅あたりから北へ引き返す
・愛島あたりに若干上りがあったものの、今日のコースはほぼ平坦
・名取川にぶつかって東へ
・名取橋から河川敷に降りて広瀬川沿いを北上して都心部へ
・東北大片平キャンパス〜川内キャンパスを経て牛越橋を越えて八幡へ
・八幡から雨がまともに降りだしたので急いで帰宅

前回、釜房ダムまで行った時は67kmと、今回それに近いくらいの距離を走ったものの、全体的に平坦基調だとやっぱり体の負荷は小さくて当座の目標としている100km走るのはコース次第で平坦ならそんなに難しくない気がしてきました。

まず100km走った!という達成感を得るのは一つの区切りとして分かりやすいので、とにかく数字としての100km走破は達成したい。その場合はまず負荷の軽いコースを自分でデザインすること。

でもやっぱりこれまで通りどこか行ってみたい場所があって、そこを目指してコースを決めるのも楽しみではあるので、100km走れるようになったら特定の目的の場所を目指すというのも含めて楽しめるようになるといいなぁー。

まずは60km走るのには抵抗がなくなってきたので、自宅から半径30kmの円がイメージできるようになってきました。往路30km走るくらいの体力は余裕あるのであとは引き返せば60kmになると。往路の距離をみながらじゃああと5km足伸ばしてみようか?となれば往復70kmにもなるし、そうして少しずつ距離を伸ばしてみたいです。今回は悪天候もあったのでほどほどにしましたが、こういう平坦な道ならもうちょっと頑張れそうな実感があったのが今回の収穫です。

朝の涼しいうちに帰ってくることという制約を外せば単純にもっと遠くに行けるんだけど。片道60kmぐらい走って休憩+食事、で帰ってくれば120km!それもいいな。あとiPhoneをサイコン代わりにしてるので60kmも走るとバッテリーがなくなってしまうので、休憩先でiPhoneも充電できるのが理想的です。

大阪(結果的に)食いだおれツアー[1日目]

今年のゴールデンウィークは二泊三日で大阪へ。仙台-大阪に就航した格安航空会社、Peachに乗ってみたい!というきっかけで旅行が決定しました。

088_01
例年GWは実家に帰るか、帰らず仙台で。というのが定番だったので、遊びに出かけたのはおそらく初めてだと思います。

仙台空港アクセス線に乗って仙台駅から仙台空港へ。さすがに4連休の初日とあって空港もそれなりに混んでました。

飛行機に乗り込むとまずは気になったシートの間隔。6列で前後の感覚は結構窮屈だなと感じたものの、国内での短時間の移動なら全然我慢できるレベル。後ろの人がいない限りシート倒すのは少し気を遣ってしまいます。

予定時刻になったところで機長からアナウンス。「軽微なトラブルが見つかったため修理します」

最近Peachは不安なニュースが流れていたところだっただけに心配になってしまいましたが、ちゃんとアナウンスしてくれるだけいいでしょう。結局出発は30分ほど遅れました。

出発してからは問題なく飛行を続け、いたって快適な空の旅。新幹線同様、旅行の移動時間にはビールを飲まずにはいられない私は離陸後すぐにビールを1本注文しました。350ml、500円でしたが米菓のおつまみが付いてくるので結構満足。

1時間半ほどで関空到着。大阪市内に向かう電車に乗り込むと大きなスーツケースを抱えたアジア系の外国人ばかりでなんだか落ち着きませんでした。この段階ではまだ大阪に来た実感がない。

電車が市内に近づくにつれ、高校生や地元の人が乗り込んでくると少しずつ関西弁の会話も聴こえてきて、次第に大阪に来た感じがしてきます。

088_02
なんだかんだで昼過ぎに仙台を出発して心斎橋のホテルに到着したのが17時頃。iPhoneをいじって充電も減ってしまったので一旦ホテルで充電してから夕食に出かけました。

学生の頃青春18きっぷで大阪にも数日立ち寄ったことがありその時友人と気に入って足繁く通ったタコタコキングというたこ焼き飲み屋さんがあって、見かけたらたこ焼きでも食べたいな〜と思っていたら、ちょうどホテルの近くに前に通った店とは違いますがチェーンの店があって、そこで駆けつけ一杯、たこ焼きとビールで乾杯!

088_03
088_04
たこ焼きだけ食べたかったのでさらっと退店。夕食の目的地へ向かいます。

西へ西へ歩き向かったのはお目当てD&DEPARTMENT OSAKAダイニングもあるのでここで夕食と決めてきました。D&〜に来るのは東京以来2回目、2件目。

088_05
1階、2階のショップをひと通り見てから、3階のダイニングへ。

088_06
階段の途中には佐野研二郎さんや長嶋りかこさんのサインがあった!

ここでの目当ては箕面ビール。仙台では飲める店を見かけないので大阪にきたらぜひ飲みたい!と思っておりました。昼間からビール飲んできたので、1杯目はヴァイツェン。2杯目にペールエールを頂きました。

088_07
088_08
妻はメニューの中で気になった「たこシャン」を。たこ焼きに合わせて欲しいシャンパンというコンセプトのようです。ラベルデザインがたこ焼きに爪楊枝。ただメニューにたこ焼きはなかったのでそのマリアージュは試せず。

088_09
帰りに通りかかったスーパー玉出。なんだかものすごい。関西ではあちこちにあるようなスーパーらしいです。冷やかしにふらっと入ってみましたがDragon AshのGrateful Daysが流れていてジワジワきました。

088_10
お酒を飲んで気分もいいのでせっかくだからとどベタグリコの看板も念のため撮っておきました。あとから知りましたが、この看板は5代目で今年で見納めなんだとか。次のデザインはあべのハルカスが出てくるのか?とかとか、様々な憶測が飛び交っているそう。

1日目はほぼ移動でしたが天気もよく気持ちのいい大阪旅行スタートとなりました。