タグ別アーカイブ: 七ツ森

奇跡のタイミング

三連休初日の朝、岩出山方面へ出発。最高気温は15度以上まで上がる天気予報。

115_01

撮影:友人 ※事情は後述

11/22(土)岩出山まで 8:18出発

距離:100.53 km
時間:4h 17m 23s
平均速度:23.44 km/h
獲得標高:1,175 m
カロリー:2,039 kcal

岩出山で大崎バルーンフェスティバルが行われるとのことで、イベントのスケジュールなどは確認せず行ったら何かしらあるだろうと適当な予定でスタートしました。

出発して間もなく後輪が空気抜けていることに気づく。一旦家に戻って空気を入れると割と問題なさそうだったのでそのまま再出発。

朝からスッキリ晴れて気持ちのいい天気でしたが指先と足のつま先がとにかく冷えてかじかむ。冷たくて痺れてちょっと感覚が分からなくなってきたところで一旦コンビニ休憩。でもさすがに体は温かいしすぐに手足も温まる。

七ツ森を過ぎて457号線をひたすら北上。それほど車線も広くなく大型車も結構走っていて少し怖いけど、冷やっとするようなことはなかった。

2時間弱で岩出山のバルーンフェスティバル会場に到着。ここまで約50km。往復するだけで100km超え確定。

115_02

気球はひとつも見当たりませんでしたが、モーターパラグライダーが5、6機ほど空を舞っていました。穏やかな青空の下、とっても気持ちよさそう。

115_03

河原を自転車を押して歩いているとおじさんに話しかけられる。「大衡あたりで見かけたけどもうここまで来たんだ。早いねー(笑)」

自転車もウェアも全身真っ黒で地味だけどそれがかえって特徴的だったかな?30kmくらい前を走っていた人を見て「あ、さっきの人だ」って気づくだろうか。よっぽど分かりやすいウェアとか着ていないと僕は覚えられない気がします。

河原には飲食の出店もあったので補給していこうかと少し惹かれましたがまだそんなに空腹でなかったのでスルー。パラグライダーの写真だけ撮って岩出山町内をちょっとだけゆっくり走って回る。

115_04

観光案内の看板に城山公園と案内があったので気になって行ってみました。読んで字のごとく城があった山。伊達政宗が仙台城を築城するまでに居城していたという岩出山城の跡地。そういう場所なりの短いながら激坂上りアプローチが刺激的でした。

115_05

下山して帰路へ。来た道を戻るのも気が向かないので県道226号線を西に向かって加美町宮崎という地区の方面へ。岩出山と仙台の往復の行程はほぼフラットなのでちょっとは山っぽい上りも走りたいと思っていてちょうどいい具合のコースでした。

車は1台すれ違ったかな?くらいでほぼ誰も通らない。上りを走っていて草むらがガサガサっと音がするなと警戒していたら大きなカモシカが茂みに。道を横切ろうとするところでこちらに気づいて山に逃げて行きました。クマじゃなくて良かった。。

115_06

岩出山牧場に行き付き、ここらで後輪を押してみると空気が抜けていることに気づく。ポンプを携帯していなかったのでこのまま帰れるか一か八かで帰ることを決意。とりあえず自転車屋も無いこんな山と田んぼの中では人の助けも借りられない。

やっぱりパンクしていてゆるーく空気が抜けていたんでしょう。パンク修理キットを携帯せずに走っているのには理由があって、加入している自転車保険の付帯サービスでロードサービスがあるんです。年2回まで使えるというそのサービス。24時間365日、呼び出したところまで迎えに来てくれて、20kmの範囲で好きなところに送り届けてくれるんだそう。というわけで今度パンクしたら一度利用してみようと思っていました。

それでも20kmじゃ自宅に戻れない距離まで出かけてしまっていたので自宅20km圏内までタイヤがもてばと思い走れるだけ走りました。が、残り30kmほどの地点で完全に空気が抜けて諦め下車。とりあえず脇道にそれてロードサービスを呼ぼうかなと思ったところ、、、

背後から爽やかなローディー青年にこんにちはーと声をかけられた…と思ったらなんとたまたま通りかかった友達!!なんという偶然、奇跡のタイミング!

ロードサービス呼ぼうと思った所だったんだよーと言いつつ、パンク修理キットを持っていたので借りてその場でパンク修理。久しぶりに会ったのでいろいろと話すこともあってちょうど良い休憩に。と言いつつ彼にとっては秋田の湯沢まで行く道中だったようなので貴重な時間を奪ってしまったのですが…。

困っている時に助けてくれる真の友人の姿を見ました。彼のおかげで直った後輪に感謝しながら自走して帰宅。ちょうど100kmくらい走って先週に続き2週連続で100kmライド達成。今日みたいな平坦な道なら心理的に抵抗なく100km走れるようになりました。ま、体力的にはまだちょっと力不足な感じがしますが。。

結局ロードサービスを使う機会はまた次回になりましたが、これは安心材料の一つにするとして、パンク修理キットを持たずに出かけるのは止めようと反省しました。。今度からしっかり携帯します(家にはちゃんとある)。

ところでその友人、小学生の頃から地元のスーパーアスリートで、長距離走をメインにあちこちのタイトル総ナメ。今でも県の市町村対抗駅伝に代表で出場するほどのランナーなんですが、この日は秋田の湯沢まで日帰りで往復したそうです。てっきり片道湯沢まで行って泊まって帰るのかと思ったら往復するとは。。富谷から湯沢まで120kmほどあるので往復約240km。やっぱり基本スペックが違うんだなと実感。