タグ別アーカイブ: ベアレン醸造所

東北の春、麦酒とK

045_001

4月末、Kと盛岡で落ち合いました。久しぶりのK特集をお届けします。

045_002

主な目的はこれです。盛岡のベアレン醸造所という地ビールメーカーの主催する屋外ビールイベント=スプリングフェスト。昨年に続き2度目の参加です。

このイベントのすごいところはいくつもあるのですが…まずチケット2,000円(前売価格)で11:00〜17:00の間ベアレンの樽生ビール5種を飲み放題。食べ物持ち込み自由。地元の方々にはコンロを持参してバーベキューする人もいるほど。フード売ってるブースもあって熱々の美味しい料理も食べられます。

個人的に一番気に入っているところはグラスをお客さんが持参するという点。自分のお気に入りのグラスでビールを飲めるというのも面白いし、量も自分で決められるし。セルフサーブなところもビアガーデンぽくて楽しい。

こんなふとっぱらイベントに、天気もちゃんと応えてくれてのうららかな1日でした。ではKをどうぞ。

045_003

045_004

045_010

045_005

045_006

045_008

045_007

045_009

ベアレン醸造所・スプリングフェスト

015

4/29、2011年のGWの初日は、盛岡へ。ベアレン醸造所の春の一大イベント、スプリングフェストに行って来ました。

入場料の2,000円だけで、ベアレンの樽生ビール6種を飲み放題、しかも11:00〜18:00の間の時間制限無しという太っ腹イベント!食事はベアレンの直営ビアパブが出張でサーブ。コインを買ってその場で美味しいできたての料理が食べられます。でも、持ち込みもOKという寛容ぷりなので、地元の慣れたお客さんはカセットコンロを持ち込んで堂々と料理しちゃいます。

会場ではリユースカップも用意されていますが、基本は参加者が好きなグラスを持参。僕は写真の通りヴェデットのグラスを持って参加しました(お箸も持参)。ベアレンのグラスも家にあったけど、ファッションを楽しむように、自分の好きなグラスを持って楽しめるところもまた良い。それに自分の飲みやすいサイズのグラスで飲めるというのもお客さんの広いレンジに対応できそうで良いですね。

仙台ではオクトーバーフェストという大きな規模のビールのイベントがここ数年開催されていますが、それと比べると、ずいぶん野暮ったく、洗練されていないイベントと思われるかもしれませんが、ベアレンのイベントを体験してから改めて仙台のイベントを見ると、都会的で小綺麗で、準備されたイベントなのだなぁと思います。どっちが良いかと言われると良し悪しがありますが、ベアレンのこのイベントは、地に足の着いた感じがしてとても好感が持てました。地元のサッカーチームの試合に参加するような、愛のこもったイベントのような感じ。。

何から何まで自分たちの手作り。お客さんは朝から晩までずーっと満員。このイベントの素晴らしさはこのお客さんの数が証明しているでしょう。仙台でも、こんなイベントがあればいいのになぁ。オクトーバーフェスト、楽しいんだけれど、高いからね。。友人Yは会場で10杯のビールを飲みました。ベアレンで出来たての樽生ビールが1杯200円ということになる…これはとても素晴らしいでしょ?今度は一関の地ビールフェスティバルに参加する時に、ベアレンと再開できることを願って、力とお金を蓄えておきます。