タグ別アーカイブ: ビブタイツ

雪山と再会

124_06

明けましておめでとうございます。新年初めての投稿になりますが、時間軸に沿って古い記憶から更新していきます。ということで、昨年末12/29の雪山の思い出。

続きを読む

丈夫ナカラダヲモチタイ

いよいよ晩秋、東北でも各地で雪の知らせが聞こえてきた週末。冬に向けて買ったビブタイツを履いて早速サイクリングに。

11/15(土)七ツ森湖畔公園まで 13:06出発

距離:53.68 km
時間:2h 16m 02s
平均速度:23.64 km/h
獲得標高:883 m
カロリー:1,112 kcal

この日は仙台でも最高気温が10度に満たない上、天気予報では雨もぱらつくというのでもともと自転車に乗るつもりがありませんでした。そういうわけで午前中街なかに出かけて買い物などしていたらところどころ晴れ間も出てきて、急にやる気が。お昼を済ませて家に帰り、午後から七ツ森に出発しました。

七ツ森湖畔公園には何度か行っているので行き先に迷った時の選択肢として選ぶことが多くなってきました。ちょうど20kmくらいで到着するのと、ほどほどの上りがあるので体動かした気になるのと、物足りなければ湖畔公園をぐるりと回るコースで距離を稼げるのも楽しい。

公園へのアプローチはいくつかあって、いままで東側から入るルート(下の画像の「ルートA」)しか走ったことがありませんでした。今回は別ルート開拓ということで1本西側のルート、ダム湖の南端あたりに到着する道を走ってみました(画像の「ルートB」)。

114_01

[クリックで拡大]ルートA

114_02

[クリックで拡大]ルートB

見ての通りルートAはダムに到着するのをピークにゆるゆる上るだけなのに対し、Bは七ツ森の最高峰である笹倉山(大森山)の登山道入り口まで上るので、Bの方が辛い。2週間ぶりに乗ったので体がなまったか、もうちょいすいすいと上れると思ったのにけっこうキツかった…。

どちらのルートも交通量は少ないですが、笹倉山ルートの方が道が広くて気持ち良く走れました。

114_03

114_04

114_05

飲めない御神水。あらら。

114_06

114_07

ダム湖中央の大橋から。左から鎌倉山、蜂倉山、大倉山、撫倉山

帰りは457号線で宮床ダム〜根白石へ。いつもはトンネルを避けて走るけど寒いし早く帰りたかったので2つのトンネルも我慢して通過。最近以前ほどトンネルや山奥が怖くなくなってきました。以前ほど(※まだ怖い)。

4時半には日没となってしまうので早く帰らなきゃと気がはやる。帰って浴びるシャワーがすっかり暖を取る目的になる季節です。

 


 

 

日曜日、この日も前日と同じくらいの気温。天気予報では雨もなさそうだったので山手に向かって出発。

11/16(日)笹谷峠方面まで 10:05出発
距離:100.21 km
時間:4h 37m 21s
平均速度:21.69 km/h
獲得標高:1318 m
カロリー:1,918 kcal

特に行き先を決めずにとりあえず釜房ダムへ。錦ヶ丘から秋保に抜けて、秋保からちょっと急だけど160号線で釜房ダムへ。

114_08

釜房ダムの展示施設の駐車場から

乗り始めた頃は釜房ダムまで行ってみるという目標地点だったのが、今はここからどこ行こうかなという起点のような距離感になってきました。一旦休憩していると体がどんどん冷えてくる…。

114_11

[クリックで拡大]

見晴らしのいい展示施設から山手を眺めていると蔵王は冠雪してるし、雨雲もかかってあきらかに降っていそうな感じ。でもここまで来たんだし…と割と何も考えず笹谷峠方面に出発。

286号線をひたすら西へ上る。上のコースプロフィールで既にネタバレしてますが先に言ってしまうと、結局笹谷峠は冬期通行止めで行けませんでした。

114_09

せっかくここまで来たのにという残念な気持ちと、帰る理由が出来た安堵感とが半々。まぁ金曜の時点で東北各地で雪がちな天候だったので交通情報調べてから行こうよという話しなんですが。無計画ダメ・ゼッタイ。

とは言え笹谷峠の入口ゲートまでゆるゆるとずーっと上ってきて、気がつけば12kmほどの距離の上り。ここだけで獲得標高が500mにもなるので、自分としては最高に長い上りコースを走りました。

なんとなくローディー多そうで敬遠していた泉ヶ岳のヒルクライムコースだけど、約7km、標高差400mほどとのこと。もうちょっと急な箇所もあるだろうけど今度挑戦してみようかな、という気になりました。仙台の都心部からのアクセスも程よくてこれからの季節に良さそうだし。

寒いし曇りがちで路面は濡れていて風景を楽しむ余裕もなく、ひたすらゆるゆる上る途中なんでこんなことしてるんだろうと思わなかったわけではないです。とにかくいかに脚を使わずに上れるか工夫しながら、諦めずにガンバルのだと自分に言い聞かせて走りました。雨にも風にも寒さにも、急な勾配にも負けぬ丈夫な体を持ちたいです。

ここまで上ったのでおかげで帰りは下り天国、と言いたい所ですがさすがにこの季節。上りで温まった体がどんどん冷える。しかも路面はウェットでスリップも怖い。でも下ハン持って快速で川崎まで帰ってこれて気持ちよかったです。

釜房ダムに戻って秋保に戻ろうかと思ったところで65km。往路で通った秋保〜釜房ダムの峠道は急だし逆方向で上ったことがないのでパス。286号線のゆるい上りで茂庭に抜ける道を選択。

山田ICから南部道路に沿った道を通り、広瀬川沿いの河川敷コースを走って仙台市内へ北上。この調子で行けば家に帰るとちょうど100km行きそうな感じに。

114_10

川沿いは向かい風でちょっと辛かった…。山手に行って街なかに帰ってくると本当にほっとする。ここにクマとか猿はいない(代わりに自動車がたくさんいるのは交換条件か)。

10:00に出て15:30に帰ってきましたが日が暮れるのが16:30くらいなのでもう1日終わり。この日は妻が用事あって家にいなかったので好き勝手に一人で丸一日遊んでましたが、日の短いこれから季節は毎度こうもいかないな。

ところで初めて買ったビブタイツ。既に持っていたMAVICの長袖ジャージに揃えて、MAVICのエスポワビブタイツというものを購入して今回初めて走ってみました。肩にかけるのでお腹まわりの締め付けがなくて本当に楽。ただトイレ休憩が面倒。

初めて買ったショーツはパールイズミで、MAVICのパンツは初めて購入。MAVICのパッドはお尻部分の厚さは問題ない感じだけど、股の真下から前にかけてのパッドの範囲が狭くてちょっと落ち着かない感じです。パールイズミは前面までパッドが大きくていいんだけど…。とは言えそんなにほいほいと買い換えるわけにも行かないのでしばらくこれで我慢して使い続けます。使い込めば少しは馴染むかな?