about

Tohl(トール)

青森県出身・仙台市在住/グラフィックデザイナー/2児の父

大学進学で仙台市へ移住、2005年以来現在に至るまで仙台在住。幼少の頃から絵を描いたりモノを作るのが好き。やがて、写真撮ったり文章を書くのが好き。今はデザイナーとして仕事をすることで人のためになることを大切な価値観としています。

1.家族との出会い

妻と子ども2人との毎日の生活。家族それぞれにとっての節目のライフイベントは人生のハイライトですが、喜怒哀楽の入り交じるなんでもない毎日の積み重ねが、その時には分からない、けど過ぎてから分かる大切な時間だと思います。妻と出会い、巡り合った2人の子ども達と過ごす毎日を何より大事に。

2.出生地「青森」のルーツ

自分の出自を大切にしています。自分を成り立たせているものの一つとしてのルーツ、青森という地域の特性。もう少し広く、東北という地方性。そこにいる人が何をすべきか、だから何ができるのか。

3.デザインで人の役に立つ

身につけたデザインのスキル・感覚を活かして、ビジネス/プライベートの垣根なく人の役に立つことを信条に。事の大小に貴賤などなく、自分の仕事が、関わる人の生活を豊かにする一助になっていると信じて。

4.趣味を愛する

さまざまな人との出会いで自分の趣味になる関心事があります。僕にとって特に重要なものは、スポーツアクティビティとしての自転車と、鑑賞者(非演奏家)としてのクラシック音楽。それぞれに興味を持ち始めたきっかけがあり、その出会いに最大限の感謝をしています。これらの趣味から広がった交友関係などは自分の人生の財産です。