サンタ初演

12/16(土)、娘の通う保育園でクリスマス会がありました。第1部に全クラスで行うステージ発表があり、第2部ではクラス毎に分かれて保護者と一緒に食事しながら交流会。

9時から11時まで2時間もステージ発表があったわけですが、最年少クラスの娘の出番を見届けてからは11時まで見ていられるものだろうか…とさえ思っていましたが、年長クラスの子どもたちの頑張りに終始興奮させられました。

娘は1歳過ぎくらいでようやく歩けるようになった頃。ステージでの出番はプログラム序盤、クラス全員で椅子に座って登場すると、順番に名前を呼ばれたら返事をするという一芸を披露。いつもは元気に手を上げて「ハーイ」と声を上げる娘も、大勢の観客に緊張したかちょっと堅めな表情でした。それでもクラス全員泣き出しもせず、途中には椅子から立ち上がって歩き回るくらいの余裕を見せていたので堂々としたものです。

続いて大きな子どもたちのクラスの発表が順々に続くわけですが、最年長のクラスは演劇を披露。ねずみの嫁入りという、娘を持つ父親達にはそわそわせずには見ていられない演目でしたが、子どもたちの演技力・表現力が笑いも誘い、楽しいステージは温かい拍手に包まれて全プログラムを終了。

それから第2部の交流会へ。教室のいつも遊んでいるスペースに畳とテーブルが用意されていて、娘のお昼ごはんはハンバーガーとサンドイッチ。目の前の子どもがハンバーガーをなかなか食べたがらない中、黙々と食べ続けまるまる1個ほとんどを食べてしまった。

途中、先生からこそっと呼び出しがかかり、もう一人のお父さんと一緒に教室から廊下に出ると、サンタとトナカイになってくれとのこと。特に2人で協議することもなく僕はサンタ役に決まったので用意されたサンタ服に着替えてドア前で待機。先生からの合図で、子どもたちへのプレゼントが入った大きな袋とともに教室へ!

恥ずかしがっては駄目だ…!と言い聞かせて堂々と歩いた。ちょっと太めの声で「メリークリスマース」とかも言いました。子どもたちのキョトンとした表情。決して興奮は与えられなかったものの、1歳のクリスマスにサンタさん来たんだよ、なんて各家庭で振り返っては語られることもあるんだろうから、みんなの思い出の一つになってくれたら嬉しいです。

サンタとして子ども一人ひとりにプレゼントを配ったあと、せっかくサンタの衣装を来たので娘と妻と記念撮影して、廊下へ退出。相手は1歳児とはいえ、サンタの着替えは一応見えないところでやるのがマナーですよね。

年長の子どもたちの活躍する姿に、将来の娘の成長した様子を重ねてみたり、クラスの先生たちが毎日愛情をもって接してくれている様子を感じられたりと、とても貴重な機会でした。こうして親子共々毎年の楽しみな行事が増えるのは本当に嬉しいです。

※クリスマス会の後3人で買い物に出かけ、娘がハンバーガーを食べるのを見ていただけの僕と妻はすっかり空腹。昼ごはんは久しぶりにマクドナルドでハンバーガーを食べました。ガッツリしたのを食べたいと思い、初めてグランクラブハウスというメニューを注文。美味しかった…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中