手足口病罹患記録

1歳1ヶ月の娘が手足口病にかかり、その後を追うようにして自分も人生で初めての手足口病にかかってしまいました。仙台市でも流行しているとメール通知があったし、保育園でも結構な数の子どもたちがかかっていたみたい。子どもの病気だろうと思っていたところまさか自分にも降り掛かってくるとは…というのが正直なところ。以下、初期の自覚症状から回復までのざっくりとしたメモです。

8/27(日)

早朝泉ヶ岳に自転車を乗りに行く。秋の気配も漂う気候で朝肌寒いなーと思い、8月には季節外れの裏起毛のアームウォーマーを着用して出かけた。帰宅後、シャワーを浴びた後、熱っぽさと寒気に気づき、休日担当医のある病院に急行。病院で熱を計ると39.6℃!解熱剤、その他諸々風邪症状緩和の薬をもらって帰宅。薬を飲んで横になるも頭クラクラ、体がずっっっっしりと重く、目を閉じて眠ったらそのまま意識失うんじゃないかと思うくらい、久しぶりに体に堪える高熱が出た。午後には熱も少しずつ引いていき、その日のうちに高熱と風邪の症状は緩和。但し、喉の痛み・炎症を抑える薬を飲んでいるはずなのに喉の奥はずっと痛かった。

8/28(月)

朝から平常通り出勤。風邪の症状は薬で治まっているが相変わらず喉は痛い。前日の自転車の疲労感もあって体の節々は筋肉痛があったが、いつものことなので気にならないレベル。午後過ぎくらいから右手薬指に赤いポツポツとした斑点模様が目立ってくる。よくよく見ると発疹とまでは言わないが手の甲側の指の縁あたりに赤い斑点模様が広がっているのに気づく。指先が少しずつ触ると軽い痛みを感じるようになり、定時を過ぎて帰宅。前日に高熱を出していたこともあるので薬を飲んで早めに就寝。

8/29(火)

朝起きると手、足、大腿、腕周りに湿疹複数。唇の裏側、舌の縁に口内炎が出来ているようで口の中が痛む。前日まで違和感を覚えていた喉の痛みも引き続きある状態。高熱が引いた後発疹するという典型的な手足口病の症状に思えたが、この日はまだ保育園復帰できなそうな鼻水、咳をしていた娘を自宅で休ませるため、自分も仕事を自宅作業にして娘と二人で自宅で過ごした。

8/30(水)

出社しようか迷ったが改めて日曜日診てもらった病院を受診し、正式に手足口病の診断がくだされる。1週間の安静加療を要するとの診断書をもらう。この日から金曜までは出社を控えて自宅で仕事をすることにする。なお、娘は体調が回復したのでこの日から1週間ぶりに保育園に復帰。保育園でも未満児が7人手足口病にかかっているとのこと。

手は相変わらず握ると指が痛い。足の裏は裸足で立つと靴ずれした後の肌の違和感というか、そんな感じの痛み。股からお尻まで発疹が広がってきた。ただポツポツしてるところと、虫刺されのようにかゆいところとが混在している。指、足など末端が痛く、大腿など胴体に近い部分は痛みはなくかゆい所があるという感じ。口内炎が引き続き痛くて食事が辛い。

8/31(木)

この日も自宅作業で仕事。発疹が出てきたところは赤くなって肌に沈着してきたようで、少しずつ鎮静化の兆しが見える。手の痛みは引いてきた。足や大腿の発疹も相変わらず無数にあるが、痛みも痒みも落ち着きつつある。顔にも無数に赤い発疹があり、いくつかはかさぶたのように剥がれ始めてきた。鼻穴付近と耳たぶにある発疹が皮脂などの影響があるのか、かぶれて透明な汁が出ていてなかなか治らない。口内炎は昨日よりひどくなっている感じ。口内炎に臆しているとそうめんくらいしか食べられないので、食欲に任せて食べたいものを痛みを我慢しながら食べているので栄養はおそらく補給できているでしょう。ただ、気持ちよく美味しいと思える感じではないので残念。

9/1(金)

自宅療養3日目、手の痛みはほぼなくなり、指先の皮膚が固くなってきた。斑点模様も小さい点になり少しずつ目立たなくなっている。足の裏はかかとに固いしこりのようなものを感じるくらいでもうすぐ無くなりそう。腕や大腿、お尻周りの発疹は水泡状になっているものもあり、痒みが収まらない。が、大半は赤い小さなポツポツとなって沈着していきそう。唇裏と舌の口内炎は収まりそうになく、状況変わらず痛い。食欲を減退させるほどではないというか、多分自分が慣れただけだけど、食事は普通に摂っているのでこれもじきに治るはず。

9/2(土)

指先が固くなっているのが微妙にストレス。顔のポツポツは少しずつ乾いてぽろっと剥がれてきた。鼻穴の入口付近と耳たぶに出来たのが長期化して悪化してる。乾いて固まってはぽろっと取れてを繰り返している。口内炎はほぼなくなり食事はほぼ支障なくできるようにまで回復した。

9/3(日)

ずっと自宅にいて運動不足も気になったのでそろそろ良いかと思い自転車解禁。朝5時に出発して七ヶ浜一周して帰宅。軽めに50kmほど走ってほどよい汗をかいた。指先の違和感がシフトチェンジに影響を感じる以外は全体的にはほぼ不調なところはない感じ。

9/4(月)

この日からようやく出社して仕事再開。手や顔に斑点の沈着したような跡を人目にさらすことにはなるが、ニキビとか肌荒れしてるのかな?というくらいのレベルには普通の感じなのであとは己の新陳代謝の能力に期待して美肌に戻る(?)ことを願うばかり。

総じて振り返ると僕の場合はそこまで長期化せず、重症化せずという結果だったと思います。最初の高熱が相当キツかったのと、口内炎、指の痛みが辛かった以外は、我慢できないレベルではないし、とにかく沈静化を待つしかなかった。とりあえず寝る時にハンドクリーム塗って指先の硬いのがはやく治ればいいなと思います。とにかく今回妻にうつらなかったのが不幸中の幸い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中