秋の定禅寺通りでリース作り

167_01 秋も深まり冬の足音が聞こえ始めた仙台。

ブログへの記録がすっかり滞っていて、娘誕生以来の数々の家族行事や旅行もまとめたいのにすっかり後回し。とりあえず最近のことから忘れないうちにと思ってこの間遊びに行った「花降る街、仙台」のイベントの様子を。167_02 妻に教えてもらって知ったこのイベント。仙台のフローリスト達が、花に気軽に触れ合う機会を提供してくれる素敵なコンセプト。定禅寺通りの遊歩道で開催するのも洒落てて良い。

167_08

夕方にかけて人出は落ち着いたものの、昼過ぎに様子を覗きに来た時には受付に行列が出来ていました。

スワッグ、リース、花束のうち好きなものを作れます。妻はクリスマスのために家に飾りたいとのことでリースを作ることに。

167_03

作家さんによる美しいリース。時間的にも材料費的にも、ワークショップではここまでのボリュームのものは作れない。

妻にワークショップを楽しんでもらうべく、娘を抱っこして見守った。

167_04

ワークショップの講師が材料選びからガイドしてくれる。どれがいいかと悩む妻。

167_05

松かさを選ぶ。

167_06

初心者でも難しくない作業。講師が優しく教えてくれる。

167_07

作業中の妻を邪魔しないように遠くから見守る。

しばらく作業時間が必要なタイミングがあったので、娘を抱っこしながら周辺を散歩した。コーヒーを飲みながら外をぶらぶら歩けるギリギリ最後の季節。この日はかなり暖かかったものの、前日までしばらく寒い日が続いた。今年は秋から冬への移り変わりが早いように感じる。167_09

メディアテークと紅葉のケヤキ並木も美しい。青空が映える。ものの30分くらいでリース作りは無事終了し、帰宅しました。

167_10

妻の作ったリース。演習から離脱しようとする右のハネがアクセント。

167_11

天気に左右される点はさておき、気軽に参加できる雰囲気と花に親しんでもらいたいというコンセプトが明快で爽やかなイベントでした。定期的に継続してもらって、こんなイベントが定着した素敵だなぁ。

さて、なんとか久しぶりにブログを再開したので、時間を作って娘誕生以来の話題を忘れないうちに記録していきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中