ジャパンカップ ’15観戦記・後篇

154_0110/18(日)、宇都宮滞在2日目のこの日は、宇都宮森林公園でジャパンカップサイクルロードレースの本戦。

朝6:30にホテルの朝食を食べ、支度をしてチェックアウト。駅東口のシャトルバス乗り場へ。駅から会場まで片道約40分、往復2,000円で乗車できました。

この日も天候はベストコンディション。朝から眩しいくらいの日差し。バスで会場へ向かう道中、やっぱり自転車の車列があちこちで見られた。自分も地元だったら確実に自転車乗っていくなーと思いますもの。

バスを降りてスタートフィニッシュ地点近くのイベントブースエリアに到着するともうものすごい観客の数でお祭り騒ぎ!とりあえず出走サインの時間まで出店ブースを物色して時間をつぶす。

154_02

ユキヤがナショナルチャンピオンとなったシーズンのユーロップカーのジャージが展示されていました。画面左下には愛犬の小輪も!

154_04

Raphaルイゾンは什器を石巻工房のものを使用している。

お目当てのRaphaは移動式店舗のルイゾンで出店していました。ルイゾンの目の前には、team skyカラーリングのJaguar!

154_03

しばらくウロウロしているとメインステージでそろそろ出走サイン開始の動きが。絹代さん栗村さんのMCでステージに現れたチームから順番に出走サインとインタビューをしていきました。

154_06

sky!

154_07

ランプレ。ユキヤは来季このチーム。

154_08

ジャパンカップ男、ネイサン・ハース!

154_09

地元の声援を浴びるブリッツェン!増田選手頑張れ!

154_10

ユキヤ率いるジャパンナショナルチーム。

154_11

堂々たる風格が漂うTREK!

トリは昨晩興奮の渦に包んだフミ率いるTREKが登場。出走サインを見終わると程なくレーススタートとなるので観戦ポイントを探るべく古賀志林道方面へ向かって移動しました。

前日のクリテリウムの表彰式の時点で一眼が使用不可能になってしまったのでこの日は朝からコンデジで撮影していたものの、コンデジも電池切れになってしまったので以下iPhoneの写真です。

おはようございます。

おはようございます

で、この日の人出は相当の人数が予想されたので古賀志林道の上りでは人が多すぎて入山規制かつ登っても自由に下ってこれないなどのケースも想像されるほどだったので、一旦古賀志の上りへ向かうのは中断。グルメエリアの出店ブース近くの沿道でスタート直後の選手を応援することに。

154_13

先行する逃げ集団。

154_14

続くメイン集団。早くもTREKがコントロール。

飲食ブースも近く、トイレも近かったので最初はのんびり食べたり飲んだりしながら3周ほどを観戦。割りと早く逃げが決まったので逃げグループが到達するとしばらくしてメイン集団という2回の見どころが出来たので観戦する側としては単純に見る機会に飽きず良かった。

カンチェラーラとアイゼル。

カンチェラーラとアイゼル。

フミもメイン集団の前方に。

フミもメイン集団の前方に。

一度メインステージ周辺に戻って2周回ほど観戦して、そろそろ古賀志林道方面に行ってみようかと妻と相談して一緒に移動。本格的な古賀志の上りの手前に赤川ダムという観戦ポイントもあったのでここで一度観戦することに。

宮澤崇史さん夫妻(隠し撮り失礼...!)

宮澤崇史さん夫妻(隠し撮り失礼…!)

カンチェラーラが牽くメイン集団!

カンチェラーラが牽くメイン集団!

Raphaのタブロイド紙、Doppioの裏面のメッセージがそのまま応援に使える。

Raphaのタブロイド紙、Doppioの裏面のメッセージがそのまま応援に使える。

ここにもちょっとした飲食ブース、トイレもあってゆっくり応援している人たちが多数。たまたま目の前に宮澤崇史さんご夫妻を発見するなどの偶然もありつつ、この観戦ポイントで数周回観戦しました。ここでのピクニック感がとても気持ちよかった。レースが目の前を通り過ぎる以外はほとんどピクニック。

– –

レースも終盤に差し掛かって古賀志の観客がフィニッシュラインに向かうかというところであえて逆行して上りの観戦ポイントへ移動。さすがに山頂まではいかなかったもののある程度斜度のキツいカーブに陣取って応援することに。

154_20

序盤からずっと逃げ集団で走り続けた土井ちゃん。

やっぱり山岳コースの観戦が一番おもしろい!目の前で選手をゆっくり見られるし普段自分も自転車に乗ってるだけあってその速さ、強さに感動する。

154_21

佳境の先頭集団にユキヤがしっかりと入っている!

終盤になってレースがいよいよ活性化してくると昨日活躍したフミの姿は見えなくなってきて、ユキヤの動きの良さが目に付くようになってきた。序盤は集団後方で様子を見ていた感じだったのが気づくと先頭集団のいい位置に付けている!しかも7人ほどに絞られた先頭集団に日本人選手はユキヤだけという状況。ナショナルチームとして出場しているユキヤのチームメイトは千切れてしまってアシストがいないのが不安だったけど、何か起こしてくれそうな期待感で最終ラップをこなす先頭集団を見送ってフィニッシュ地点の方へと引き返すことに。

フィニッシュ地点に着くちょっと手前でゴールスプリントの知らせを聞くと、TREKのモレマが優勝、ユキヤが2位?3位?との声。結局2位がランプレのディエゴ・ウリッシ、ユキヤは3位だった。3人でのゴールスプリントだっただけに優勝までほんの僅差だったのを思うと、ユキヤの優勝が本当に惜しくて残念だったけど、それだけの実力をもった選手なんだなと改めて実感。TREKとしては前日のクリテリウムでのフミの勝利と合わせてジャパンカップ2連勝。

154_28

ポディウムにあがるユキヤ!

154_22

サイン攻めに遭うアイゼル。

メイン会場の出展ブースに戻るとレースを終えた選手が早くも各スポンサーのブースに揃って顔を出してファンサービスに徹していた。Raphaのブースでアイゼルにサインをもらおうと思ったもののちょっと前で打ち切り。その後も後を付けて妻はskyの選手全員にサインをもらっていたw

帰りのシャトルバス乗り場へと向かうと長い上り坂に長い行列が。数十分行列で待っていて疲れも溜まって来た頃…

154_23 154_24 154_25 154_26

途中なんとユキヤがふらーっと自転車に乗りながらみんなに挨拶しながらハイタッチしてくれるファンサービス!これは本当に素晴らしいよ。

バスに乗って宇都宮駅へ向かうにつれ次第に日も傾いて車内で疲れてちょっと眠った。駅に着くとすっかり夜で帰りの新幹線まで1時間少々あったので駅近くの宇味家という餃子屋で最後の宇都宮餃子ディナー。この2日間で3店の餃子屋に入ったけどここの焼き餃子が個人的には一番好みでした。

154_27

宇都宮駅でお土産を物色して新幹線に乗車して20時頃仙台に帰宅。

最高の天気に日本人選手の活躍、初めての宇都宮で餃子も楽しめて、Raphaの買い物も出来てと、これ以上ないんじゃないかと言うくらいの初ジャパンカップ観戦でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中