雪見風呂

先日は作並温泉一の坊へ。今年の春にも泊まったので今年は2回も泊まることができました。
122_02

夕方に仙台を出発して作並へ。雪が舞う程度だったのが作並に向かうにつれていよいよ本降りに。ここ数日で降り積もった雪がベースになって、作並に着く頃にはあたりはすっかり銀世界。

前回の夕食はバイキング形式のなべ茶屋でしたが、今回は木挽亭(こびきてい)という和食会席の食事を。会員特典で、NHK朝ドラ「マッサン」にあやかったニッカオリジナルハイボールを乾杯のお酒に頂きました。

食事の後は楽しみにしていた雪見風呂を…と思っていたら、なんと「鹿のぞきの寝湯」が雪崩の恐れがありとのことでこの日は天候を考慮しての閉鎖。残念でしたが、翌朝の広瀬川源流露天風呂での雪見風呂を楽しみにとっておくことにして、もう一つの露天風呂「自然風呂」でゆっくりしました。

で、翌朝。6時起床でまずは内風呂の丸子の湯へ。日の出まで体をまず温めます。6:30頃を目掛けて、広瀬川源流露天風呂へ。景色はすっかり銀世界。川の流れを見ながらの雪見風呂は最高でした。新緑の季節もいいですが雪景色も素晴らしいものでした。

朝食はなべ茶屋でのバイキング。綺麗に盛り付けるのが楽しくて色々と盛り過ぎちゃいます。

122_01

今回宿泊した部屋、清流館の廊下から見たロータリーのシンボルツリー。雪をまとってすっかりクリスマスツリーのような装いに。

 

今年は春と冬と、季節の変化を楽しめて満足です。来年行くことが出来たら紅葉の時期に行ってみたいな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中