降雪サイクリング

仙台の平野部でも雪が舞い、降り積もるようになってきたこの頃。そろそろロードバイクもシーズンオフかな…と少し寂しい気持ちになっていたところでした。

この日も特に自転車に乗るつもりはなく休日の午前中を過ごし、妻と一緒にスーパーに買い物に出かけたところ、思ったより寒くないかも…と感じて午後からのサイクリングを決意。3週間ぶり、12月に入って初めてのサイクリングに出かけたのでした。

12/13(土)宮床のあたりまで 13:29出発

距離:29.9 km
時間:1h 15m 30s
獲得標高:461 m
平均速度:23.8 km/h
カロリー:775 kcal

走行記録はこちら
→STRAVA(http://www.strava.com/activities/228807753

この日から走行記録アプリをRuntasticからSTRAVAに乗り換えました。RuntasticのiPhone用有料アプリも購入したし、機能的には不便していなかったのですがSTRAVAを試してみたところUIの使い勝手がとても良い。ビジュアルも綺麗だしすぐに今年の走行データを移行しました。この寒いのに自転車に乗りたいと思ったのもこのアプリを試してみたいという気持ちがあったのも大きいです。

天気予報は15時頃にみぞれのマーク。そんなに長く乗るつもりはなかったのでその頃までに帰宅できればと13:30頃に出発しました。自分の持っているサイクルウェアで使えそうなものはなるべく着込んで出かけたところ、上半身も下半身も温かくてほとんど問題なし。とにかく辛かったのが手足の指先と耳。

ただでさえ寒風の中自転車で移動するので体の末端がどんどん冷えていくのに、14時頃にはもう完全に雪が舞い始めあっという間に路面はウェットに。七ツ森湖畔公園まで行こうと思っていた予定を急遽変更して15kmほど走ったところの宮床あたりで引き返し帰路に。

帰り道は路面から水が跳ねるほどの状態になってきてスニーカーがビショビショになって足指はもうほぼゲームオーバー。信号待ちでつま先をもみほぐしてなんとかなったようななっていないような感じのままとにかく家帰ろうという一心で踏み続けました。指先に力は入らなくても自転車は漕げるのだから不思議。体幹で乗るってこういうことだな?(←違うと思う)

119_01

家に帰って全身ビショビショ、手足はカチコチの満身創痍の状態で、ヘルメットに雪の積もった様子をブログに載せるから…と写真に収める自分。我ながらなんだかなぁ。

驚いたのが案外ランニングしている人がちらほらいた事。あれだけの雪が降る中走る人を見て心の支えになったのは言うまでもないです。

とにかく手足の指先をしっかりカバーすることと、ヘルメットの下に帽子を被ることの対策さえとれば、雪が降らない限りは冬でも乗れる実感を得ました。これくらいの雪中サイクリングにも懲りない性格は良いんだか悪いんだか。とりあえず降雪中と路面積雪、凍結の日だけは避けようと思います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中