新潟旅行 前篇

11月29日(土)、実は一度も行ったことが無かった新潟県へ。クルマを持っていないので久しぶりにレンタカーに乗って長距離ドライブしながら旅行に行ってきました。

当日の朝、仙台は強めの雨。生憎の空模様ながら翌日晴れる予報だったのであまり気にせずドライブスタート。気温も高めで峠道の雪の心配が無かったのが救いでした。

まずはR48で関山峠を越えて天童へ。天童からR13に乗り換えて赤湯まで。山形に入ると道路脇のコンビニにSAVE ONが増えてくる。

赤湯からR113に乗り換えて新潟県を目指します。この辺りから初めて通る道。ここまでそれなりに運転してきたので、前半のうちに飯豊町の「道の駅いいで」でちょっと休憩。

116_01

駐車場に鎮座していた牛の像。いわゆる米沢牛の8割は飯豊町から出荷されているらしい。そういえばこの日は1129の日。

116_02

ニックン&セイチャン(右下に指が写っちゃった…)

116_03

サンデー、フロートが並ぶ古き良きソフトクリーム陳列。

山形県飯豊町から新潟県関川村を切るR113は山がちの地形ながら川沿いの道路でそこまで標高は高くなく、トンネルをいくつかくぐりながら山あいの集落をいくつか抜けて行きます。山形県小国町あたりからは雨も止んできて快適なドライブになりました。紅葉の時期はきっといい道だろうなぁ。ちなみに小国町ではツール・ド・おぐにというサイクルイベントをやっているそうなのでいつか参加してみたい…。

そうこうしてる間に新潟県到達。

新潟県も相当な豪雪地帯のはずなのに、山あいの集落でも民家は木造で瓦屋根というのが多かった印象。地元の青森ではさっさと屋根もフラットで(融雪機能が付いていたりする)四角い箱みたいな家を作っちゃうのに、冬は寒くないんだろうかとちょっと心配…。それにしても木造住居の軒先に大根が干してあって、庭に柿の木がなっている景色はとても絵になります。

関川村から村上市に入る手前でR290に折れて新潟市方面へ南下。胎内市〜新発田市と走っていきます。

途中見かけたスキーやゴルフなどのレジャーが楽しめる胎内高原というエリア。看板で見た「ロイヤル胎内パークホテル」というホテルの名前、「胎内」の入る位置が違うよとツッコミ入れちゃうのは僕だけだろうか…。

R290を快走しながら(道中、田んぼに猿を見かけて妻歓喜)新発田都心部へ。R7に乗り換え、新潟ファーストランチにと予約しておいた鮨割烹いじまに13時過ぎ到着。新潟に到着すると雨も止んで晴れの天気に!

116_04

上握り

茶碗蒸しとあら汁、食後にフルーツの甘味も出てきてかなり満腹。ここから温泉宿まで1時間かからない距離まで到達したので、妻に運転をバトンタッチすることにして、ランチビールも頂きました。ビール飲むと運転の緊張もほぐれるから不思議(酒飲みの言い訳)。

食事を終えてドライブ再開。新潟市北区から温泉旅館の所在地になる阿賀野市へ。白鳥飛来地で有名な瓢湖を車上から眺めて通過。やがてとうとう目的地の五頭温泉郷(ごずおんせんごう)到着。

規模感や山の麓の温泉地の雰囲気的に宮城でいうところの遠刈田温泉に近い印象。北側から出湯温泉、今板温泉、村杉温泉の3つの温泉がありそれらの総称として五頭温泉郷。おんせん「きょう」じゃなく「ごう」なのでとてもゴツゴツした感じ。ゴズオンセンゴウ!

チェックインの時間より少し早く着いたので一旦近くの道の駅的スポット「うららの森」を物色。野菜販売、軽食、観光案内などの施設。

とりあえずソフトクリーム休憩。

とりあえずソフトクリーム休憩。

地元の安田牛乳を使った濃厚ソフトクリームだそう。感想は「濃い!」。自転車乗るようになってからの習慣でソフトクリームを売っているのを見るととりあえず食べたくなってしまいます。ところで安田牛乳を作っている会社は有限会社ヤスダヨーグルトという名前だそう。安田乳業とかじゃないのが意外。

うららの森からは道路を挟んで目の前が村杉温泉。約250kmのドライブで仙台から新潟までやってきました!

仙台を出たのが8:00、旅館到着が15:00。ランチと休憩を入れると2時間は休んでるので実質運転時間は5時間くらいってところでしょうか。

仙台から新潟のルートで一番早いのはおそらく自動車で高速道利用。東北道〜磐越道乗り継ぎで約3時間。早く着く分、ちょっと景色が短調か。それと有料、そんなに高くないですが。

鉄道利用だと五頭温泉郷公式の案内によれば
・仙台〜大宮(東北新幹線)
・大宮〜新潟(上越新幹線)
・新潟〜水原(JR在来線)
のルートで約5時間。料金約2万円。運転しなくて良いし駅を歩いたりしながら観光気分も盛り上がるけど料金が高いのと意外に時間がかかる。さらに僕は車窓を眺めながらビール飲んじゃうな。

他にも高速バスを使ったりするルートもありますがまぁレンタカーの安くて楽しいこと。クルマを持っていないので久しぶりの運転が楽しみというのもあって、まず運転が苦じゃない。景色の変化も楽しかったし、初めて走る道を眺めながらここを自転車で走ったら気持ちよさそうだなーと想像するのも良いものでした。

長くなったので一旦ここまで。次は中編で温泉旅館のことを書きます。

続き→「新潟旅行 中篇

新潟旅行 前篇」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 新潟旅行 中篇 | sunao

  2. ピンバック: 新潟旅行 後篇 | sunao

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中