月別アーカイブ: 2014年9月

150キロ走って結局

先々週から3週連続で土日とも自転車に乗れた週末。

9/6(土)七ツ森湖畔公園へ 朝9:30出発
距離:71.7 km
時間:02:56:14
平均速度:24.41 km/h
獲得標高:1,198 m
カロリー:1,506 kcal

最近すっかり朝晩が涼しくなってきたので、久しぶりに日中に走ってみようと思い朝9時半に出発。普段の生活をしている分にはおそらく涼しくて日差しもあって気持ちのいい気候だったとは思いますがやっぱり自転車乗って汗だらだら。そして思いっきり日焼けしてしまいました。早朝に走るメリットを再確認。

それにしても七ツ森湖周辺、とっても気持ちのいい場所で気に入りました。

107_01

1周約7.5km、標高差約70mほどのコースが快適だったのでここを3周。アップダウンありつつクルマもほとんど走らない道で気持ちがいい。疲れたら湖畔公園で休憩。いつも早朝に走るのでどこ行ってもお店やっておらず、今回はソフトクリームにありつけました。

[クリックで拡大します]

[クリックで拡大します]

[クリックで拡大します]

七ツ森大橋より(北東側)[クリックで拡大します]

[クリックで拡大します]

七ツ森大橋より(南西側)[クリックで拡大します]

107_05

周辺には飲食店も点々とあって、ちょっとお腹すいたらお昼でも食べて帰ろうかな〜と思うほど。今のところレーパン履いてコンビニ以外のお店に入ったことはありませんが…

周回3周してから南川ダム方面へ抜け、大衡村の手前まで行って457号線を南下して引き返しました。田んぼはすっかり黄金色に色づいて秋の気配です。とは言え久しぶりに走った日中の日差しの中、日焼けもひどかったしやっぱり体力の消耗は早朝よりも大きいです。

翌日、古川まで片道40kmの往復。初めて80km超え!

9/7(日)仙台〜古川往復 朝9:32出発
距離:82.43 km
時間:03:14:19
平均速度:25.45 km/h
獲得標高:957 m
カロリー:1,801 kcal

前日の日差しにも懲りたので早朝に出発しようと思ったものの朝6時には仙台は雨。このまま今日は休みにするかなーと思っていたら9時過ぎには晴れてきたので、古川往復の80km超えにチャレンジ。

4号線を避けるルートがいいなと思い県道56号線で北上。この道で高速道大和IC付近から三本木の道の駅付近まで抜けます。この区間が交通量はそこそこあるものの、信号が少なくて走りやすい。しかも常にアップダウンのある道でなかなか走りがいのあるコースでした。

107_06

YKK APのあたりから1kmくらいだけ4号線を走って、あとは古川到着。ここまで約40km。このままコンビニでちょっと休んで往復で80kmするなんてのはちょっと気が向かないけど、今回は古川の妻の実家で休憩の予定も組み込んでいたのです。ちょうど甥っ子姪っ子が遊びに来ていたので1時間ほど遊び相手をすることにはなりましたが…しっかり補給食も食べリフレッシュして午後から帰路に。

全く同じ道を引き返しましたが、やっぱり同じ道でも帰りはきつい。往路と同じような40kmの行程には感じられません。そんなに強くはないものの向かい風、午後2時頃の日差し、初めて走る80kmの距離と、苦しめる材料はいくつでも。。それでも初めての道を走るわけではないのであとどれくらい走ればゴールという安心感が常に頭にあるのでその点はプラス材料になりました。

2日間で150km、だいぶいい汗かいた週末でした。それにしても自転車走って帰ってくると空腹感のすごいこと。ハンガーノックになるのは怖いので途中途中コンビニ休憩してはカロリー摂取するようにしてますが、それでも走り終わった時の空腹感はすごい。それで、帰ってきてラーメン食べに行っちゃうんですが、これってどうなんだろう(笑)そして夜はビール。健康的なようで結局リセットされてるような。。

雲という名のふらいぱん

仙台市青年文化センター・コンサートホールへ、オーケストラ ヴォルケの演奏会を聴きに行ってきました。

106_01

「雲(wolke)という名のオーケストラ」というコンセプト。次回の演奏会予定はなく、一度限りとのことです。

プログラム
ディーリアス/「夏の夜の川辺」
ドボルザーク/チェロ協奏曲
チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」

106_03

開場前の行列

オーケストラ音楽素人の僕が初めて触れたオーケストラがInvenzione Armonicaだったこともあって、指揮者がいない、少人数、古楽というのが僕にとってのスタートに。なので、指揮者のいる演奏会も単純にかっこいいなーと見とれてしまいます。素人にとって、クラシック音楽を耳で聴くだけだとよく分からないという面もあると思います。その点、演奏会を聴きに行くと、視覚的にも演奏会を楽しめる。どの楽器がどの音を出しているか、タイミングを見計らっているか、体を大きく使いながら演奏する身体性も、目で、耳で楽しめる。

会場で配布されるプログラムの曲目解説でも、へぇーと思うんですが、Invenzione Armonicaの演奏会ではメンバーによる曲目解説のMCがあるので、そこが初心者には優しいんですよね。この曲、じつはこういう背景で作ったみたいとか、作曲家はその時、こんな状況におかれていたからこんな曲が出来上がったとか、そういう入り口を作ってくれると分かりやすい。

それは深く理解するための手助けのようなもので、そんなもの無くたって見たまま聴いたままを楽しめるならそれでいいと思うんですが。とにかくこの演奏会、入場無料で大迫力。聴きに行って良かったです。

106_02 演奏会の前の腹ごしらえに行った旭ヶ丘の「ふらいぱん」。ごはんと味噌汁のセットで出てくる、いい感じの洋食屋さん。ハンバーグとエビフライ、久しぶりに食べるから美味しくて欲張っちゃいます。早朝自転車に乗って消費したカロリー以上の栄養は蓄えたかな。運動して、芸術に触れて、美味しいご飯を食べて、自分の体にたくさんのエネルギーを詰め込んだ休日でした。

浮き沈み

ロードバイク走行記録。先週に引き続き、土日とも自転車に乗れた週末でした。

8/30(土)大郷町方面へ 朝4:10出発
距離:59.2 km
時間:02:31
平均速度:23.5 km/h
獲得標高:501 m
カロリー:1,201 kcal

大郷〜利府を回って帰ってくる以前も走ったことのあるコース。ただ、この日は超個人的な事件が。というのは、、お腹を壊して帰れなくなるかと思いました。。

宮床あたりで、なんだかお腹がごろごろしてきたんですね。そこでコンビニ見かけたんですが、まぁもうちょい大丈夫かなと思って通り過ぎたのがまずダメでした。まもなく4号線とぶつかったあたりで完全に下ってきて、やばい!はやく次のコンビニへ…!と思ってしばらく苦しんだのち、なんとか見つけたコンビニ駆け込むも、どうも全部出きっていない感覚というか、でもこれ以上トイレ占領するのも、、という気にもなってしまったので一旦退店。

次のコンビニに駆け込むと、ここでは2つトイレがあったのでさっきよりは落ち着いて用を済ますも、なんだか同時に吐き気も催して、汗がひいた体は寒気も感じ始めて、コンビニ前で座り込んで自走して帰れないかも…と完全に意気消沈。

思い返すと、朝食べたのはクリームパンとバナナと豆乳。パンと豆乳は前日の夜にスーパーで買ったものだし、バナナも見た目に黒くなったりしていなかったし、危険な要素はなかったと思うんだけど、、前日の夜に食べたラーメン?なんだろう、、もうとにかく原因不明。

結局コンビニで1時間ほどタイムロスして、でもなんとか動き出しました。乗り始めて体が温まってきてその後は無事何事も無く上りもこなしながら帰路につけたんですが、利府あたりから大雨。為す術無く土砂降りのシャワーを浴び続け、スリップに気をつけながらなんとか帰宅しました。

自転車に乗る機会も増えればそれだけアクシデントも増えるということなんだと思いますが、ひとつの良い教訓になりました。食事に気をつけよう!トイレは済ませて出かけよう!マイ・ワースト・サイクリング!

お腹ごろごろ&どしゃ降りワーストサイクリングの翌日、気持ち良く晴れた朝に定義山へ初挑戦。

8/31(日)定義山〜根白石へ 朝4:50出発
距離:58.9 km
時間:02:33
平均速度:23.0 km/h
獲得標高:1,037 m
カロリー:1,176 kcal

・まずは家から落合まで。いつも走るので慣れた道。
・地図Aのこのあたりから初めて通る道。いつもはここから北に向かって根白石を目指す。
・ずっと上りのこの区間、もっと辛いかと思ったがなんとか上りきる。
・赤坂というバス停があったあたりからの上りがきつめの勾配でした。10%以上はありそうな!

クリックで拡大します

[地図A]クリックで拡大します

・地図B、この区間幅員狭くて落石注意の看板も多数。前日の雨で道路は土が流れていて泥はね浴びまくり。
・陽が照っていればまだなんとか、という気もするんだけど朝のひんやりした空気と、山の中を走っている気分でちょっとそわそわ。こういう道やっぱり苦手。怖い。
・あとちょっと道路脇を眺めると遥か下に谷底!こわー

クリックで拡大します

[地図B]クリックで拡大します

・ようやく広い道に出るとそこは大倉ダム!まずは目標ひとつ達成。
・ダムは広々、ちょっと怖い思いしてきたので、ここはさすがに落ち着く。

クリックで拡大します

クリックで拡大します

・次に目指すは定義山。すぐ着くのかなと思ったら意外に距離ありました。途中、道路を横切るリスと遭遇。
・朝6時頃に着いた定義山、三角揚げはおろか、当然どこも店など開いていなく、自販機でドリンク補給して後にする。

105_05
105_06

・定義山から、往路を戻る。途中またリスと遭遇。かわいい。
・このまま帰るのも下るだけでつまらないかなーと思ったので、大倉ダムから七北田ダム〜泉ヶ岳方面に向かう道に挑戦(地図C)
・この上りがきつかったー!つづら折れになってる箇所も数カ所あるし、急だし長くて心折れそうになるもなんとか足つかずに上りきりました。

クリックで拡大します

[地図C]クリックで拡大します

・あとは下りを楽しみつつ根白石方面に抜けて帰路に。根白石では泉ヶ岳に向かうであろうサイクリストと何人もすれ違う。

土曜の最悪サイクリングと日曜の満足感と、浮き沈みの激しい週末ライドでした。それぞれ60kmほどとあまり長い距離ではなかったものの、日曜は初めて獲得標高1,000m超え。やっぱり上ってる時は辛いけど自転車乗った満足度が高いです。同じ獲得標高ならゆるくて長いコース選んだほうがいいとは思いますが、今回のは初めてのコースだったので、今度は逆方向からを試してみるのもいいかも。なんだか早朝はすっかり肌寒いくらいの季節になってきたので、そろそろ長袖サイクルウェアを揃えないと。