ひと踏みひと踏み

ロードバイク走行記録。8/2(土)は釜房ダムまで初挑戦。朝5時半出発、8時帰宅。

4時に目覚ましアラームで起きるもうとうとしてしまってやや寝坊。スタートが1時間遅れた。

走行距離は67kmを超えて自己最高距離更新。獲得標高も970mを超えて自己最高。距離も長かったが上り坂がいくつも出てきて苦しんだ行程でした…。

・まずは走り慣れた48号+457号線で愛子方面まで
・愛子から錦ヶ丘を経由して秋保に行ったことはあったけど、今回は愛子からさらに西へ!
・ここまで全体的にゆるーく上り基調+やや向かい風でじわじわ疲れる
・白沢の美味しいピザ屋さんアルベロの交差点を曲がって、秋保方面へ
・標高250mの峠越え。ここは距離も短くそんなに苦じゃない
・秋保から川崎へ入って釜房ダムまで抜ける457号線。この区間の上りが辛かった…
・このコース最高となる標高330mまで上る道中は上り坂が何度も
・唯一看板があったので名前が分かった「くぎぬき峠」というのが長くて苦しかった
・上りに上った最高標高からあとは全体的に下り基調で釜房ダムまで
・見晴らしのいい田園風景からだんだん大きな水瓶が
・ダムの北側を走って行くと途中東北大学のボート部艇庫が。自販機もあったのでそこで休憩
・震災前は仙台空港そばにあったのが津波被害にあって移転新築したそう

ボート部艇庫からの眺め

ボート部艇庫からの眺め

・クリームパンを補給して、ボトルも冷たいポカリ補充して出発!
・286号線で生出へ。道幅狭い上に大きなトラックも走るので冷や冷や
・路肩も盛り上がってかなり怖い
・秋保からの道路と合流する地点からは走ったことがある道
・生出から茂庭台を越えて折立に抜ける
・土曜とは言え8時にも近づいてるのでクルマは結構走っているので怖かった
・距離が短い割に地味に上るこの峠がコース終盤に僕を苦しめました
・上りきってしまえばあとはもう近所まで帰ったような感覚
・折立からは往路を引き返すコースで帰宅
・朝8時、もうすっかり暑い!

川崎での上りは正直かなりしんどかったけど、交通量がほとんど無かったし、やっぱり自転車乗るなら休日郊外の朝!と実感しました。まだ上りかー!と思いながらも一人っきりになれる瞬間はやっぱり楽しい。これだけ上ったんだーと思うためにも後ろを振り返りたい気持ちをぐっと抑えて、とにかく前を向いて踏み続ける坂道はメンタルトレーニング的に良さそうです。

一方でやっぱり交通量の多い区間もたくさん走ったのでコース考える際にはもう少し検討しなければなーとも。ルートラボで標高差のイメージと、道路の状況はストリートビューがあるのでまったく予備知識ゼロで走りに行くわけではなく、とは言えというところ。とにかく安全に楽しむのが一番だと思うので今後はコース選択はより慎重に。

1回のライドで100kmを目標に頑張っているものの、距離も長くなるとそれだけ時間もかかるもので、季節柄暑さとの関係が悩ましい。朝4時半に出て平均時速25kmで走っても100km走る頃にはもう8時半。休憩時間や平均速度が落ちることを考えれば9時半ぐらいにもなって、その時間にはもうだいぶ暑い。そして交通量も多い。夏場は50km程度で早朝に抑えて、涼しい季節になったら長い時間かけてもいいのでロングライド、というのでもいいのかなと思っています。

結局自己最高の距離を走ったおかげで翌日日曜はちょっと疲れに負けて走りに行けませんでした…。こうなるくらいなら2日に分けて50kmずつ計100km走ったほうが体力的には良さそうな気がするな…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中