春の作並温泉へ

4月中旬、仙台都心部ではすっかり桜が満開となった季節に、作並温泉の一の坊へ。仙台駅前で黄色い大きな送迎バスに乗って1時間弱。作並の桜はまだ開花前でした。

086_01泊まるのは震災後、家族と泊まったことがあって以来2回目。日帰り入浴も2回くらい来たことがあると思いますが、リニューアルしてからは来たことがありませんでした。名前も「ゆづくしSalon一の坊」に変わったようです。

086_02いきなりビールの写真になってしまうんですが、16時前にチェックインしてから、夕食の時間まで広々としたラウンジでゆっくりビールを飲んで過ごしました。有料とは言え良く冷えた生ビールが280円で飲めるのは嬉しい!しかも玉こんと大根のおつまみもおかわり自由で、夕食前にだいぶお腹が膨れました。

086_03チェックインしてすぐに分かるリニューアルの実感としてはこのラウンジの暖炉。薪の香りが漂っていて暖かい雰囲気が匂いでも感じられます。壁面を覆うアートは木村英輝さんによるもの。個人的な好みでいうとマイケル・リンっぽい雰囲気もあって良い感じです。

086_04せっかくいい雰囲気だったので暖炉のそばでもビール。玉こんが美味しすぎて止まりません。食事前にビールも4杯飲んじゃいました。

086_05夕食会場はビュッフェスタイルの「なべ茶屋」。以前に同じグループのホテルのゆと森倶楽部に泊まった時と似た形式でした。飲み物を頼もうとメニューを見ると飲み放題が1,300円でビールもワインも飲めるとのことだったので迷わず飲み放題でお願いしました。2時間くらいお酒もゆっくり楽しんで食事はかなり満足!飲み放題の安さがとにかくお酒好きには堪らないです。

食後はお風呂へ。3箇所ある露天風呂のうち、名物の「広瀬川源流露天風呂」は夜の時間帯は女性専用になっているので「鹿のぞきの寝湯」へ。夜になって雨が降り出しましたが、雨がパラパラ降る中で浸かる露天風呂も野趣溢れるといったもので悪くありません。

部屋は「温泉倶楽部」のツインルーム。以前泊まった時は和室に布団の清流館だったのでどんなものか楽しみでした。写真が無いのでなんともですが、ベッドのある和風の部屋とうたっているほど和室っぽくはないです。ベッドの他に大きなソファもあったので広々していて良かったです。

翌朝。晴れていい気分!朝の時間帯には男性専用に切り替わる広瀬川源流露天風呂に行きました。明るい朝日の中、広瀬川を眺めながらの露天風呂は本当に気持ちいい。川の流れや鳥が飛んでいるのを眺めながら入る朝風呂はなんとも贅沢なものです。本当にこれは何度来てもいい気持ち。

お風呂で程よくお腹も空いて朝食会場へ。朝食も夕食と同じ会場のなべ茶屋。

086_06ホテルや旅館で和洋選べる朝食なら洋食を選ぶことが多いんですが、なんだかご飯と味噌汁を食べたい気分になりました。

086_07食べたいものを少しずつ。程よく満腹になって朝食も美味しかった。

帰りの送迎バスの時間は11:30発とずいぶん余裕があったのでラウンジで無料のコーヒーを飲みながらとにかくのんびり過ごしました。

086_08お客さんは他にも結構いましたが、ラウンジは広々としているし席の距離感もゆったりしているので本当にそれぞれが自分の好きなようにのんびり過ごせる感覚という印象でした。部屋にいるよりも気持ちのいい共用スペースってとても重要です。

086_09帰る前に玄関前にある温泉神社にお参り。

1泊だけだったけどとても楽しみの詰まったおやすみの1日。仙台から1時間の近郊で楽しめるリフレッシュ!いい気分転換になりました。

春の作並温泉へ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 雪見風呂 | sunao

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中