BIHAKU WATANABE Calendar 2013

先日仙台は卸町で開催されたJAGDA新人賞展のトークイベントの際に、高谷廉さんがデザインしたカレンダーを本人自らその場限定で販売されていたので迷わず購入しちゃいました。美箔ワタナベという印刷加工会社のカレンダーです。

061_01

大きさはA5サイズ縦。こんな風にして立てかけるための台紙とセットになっています。

061_02まず一枚開いてみると透明なシートに箔を乗せて、下に透けてみる1月のカレンダーから”2013″の数字が。

061_03 061_04 061_05各月で用紙と箔の種類が違うんですが、紙はすべて竹尾、1月はルミネッセンスです。0.16mmの繊細な線に金色の箔押し。こんなに細かい箔押しが出来るのか…ただただその美しさに感嘆。。

061_06と、この調子ですべての月が美しい箔と、紙と、それをまとめあげるデザインで仕上がっているんですが、12月が白眉。というか個人的に気に入っているだけなんだけど、平日の数字の部分が印刷・箔ではなくレーザーカットです(土日と12月の部分は金箔。)。画像をクリックすると大きめに表示されるのでよく見てみてください。箔の細かさも驚いたけど、レーザーカットでこんな細かい加工が出来るのにも感動しました。

061_00このようにして立てかけて使用。すでに4月スタートなので1〜3月は綺麗なまま保管。4月は鮮やかな緑で春らしい爽快な気分にさせてくれます。


061_07これからの登場の機会を待つ他の月たち。12月がいいと言ったものの僕の誕生日の月の紙もさらに好きで、デュプレという表と裏で色の違う紙が使われていました。晒クラフトと未晒クラフトの抄き合せの紙で独特の優しい雰囲気が好きです。いつか仕事で使ってみたい。他の月は月初めの投稿にでも紹介していこうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中