知っている街の夜景はいつまで見ていても飽きない。

053_01

先日、記念日のお祝いにちょっと奮発して仙台の某ホテルに初めて宿泊。クラブラウンジも自由に使えるサービスで、必要なホスピタリティは必要な時に存分に提供してもらるうえ、過度に世話を焼き過ぎないというようなサービスの適度な距離感がこざっぱりとして清々しかったです。

夕食もホテルのレストランで、美味しいコースメニューを。ワインリストって高いのかな…と少々ビビって多めにお金用意していったものの、スパークリングに赤白とどれもリーズナブルなグラスワインが用意されていたので、せっかくだし各種ワインを料理に合わせて楽しませてもらいました。ビール好きを自称する僕が、お酒を飲みに外食した時にビール飲まなかったのは初めてかも。。ビールもメニューにあって、近くのテーブルの客が飲んでいるのを見たけど、まったく飲もうと思わなかった…!ワインがとても美味しかったからかな。。と思ったけどクラブラウンジで冷蔵庫にハイネケンが常時ストックされていて飲み放題だったから満足したんだろうけど。

部屋からの眺望もさすがのものでした。大きな開口から太平洋の水平線が一望でき、朝7時に目が覚めたら運良く朝焼けを拝むことが出来ました。その日の仙台の朝は雪がうっすらと降り積もるほどの寒さで、真っ白で静かな日曜日の光景に光り輝く朝日は、想像以上に感動出来たのでした。

053

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中