ながしずてぬぐい

035

宮城大学の学生による東日本大震災の震災復興支援の取り組み「ながしずてぬぐい」を紹介します。詳しい経緯などについてはこちらのリンク先(https://readyfor.jp/projects/nagashizutenugui)を参照していただくとして。

宮城県南三陸町の長清水地区への震災復興支援の取り組みです。宮城大学中田千彦研究室、学部4年の小室理沙さんによる鮮やかなグラフィックのモチーフは、この度の震災において大きな被害をもたらした「波」を参照しています。津波による甚大な被害を始めネガティブな存在ともいえる「波」を、海と共に暮らす人々にとっての切っても切れない存在と捉えることで、その土地で暮らしていくための一つの明るい道筋を照らしてくれるキーとなるグラフィックとなっているのではないでしょうか。

READY FOR?というサービスを利用して支援者を募った今回の企画は、直接に被災地への支援に参加できないような多くの人々の支援により実現しています。被災地への復興支援のモデルの1つとして、今後も継続した取り組みが行なわれることを期待します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中