月別アーカイブ: 2011年6月

赤い実を食む

026_001
026_002
026_003
026_004
026_005
026_006
026_007
026_008
026_009

1週間ほど前から徐々に色づき始めたワイルドストロベリーの実が、ようやく全部色づき揃ったところなので写真に残しておきます。鼻を近づけると、辺りにはふんわりと甘酸っぱいイチゴの優しい香りが漂っていて、まるで自分も虫になった気分。

以前食べた時には、香りはいいけど水っぽくてあまり美味しくない記憶があったので、以来あまりうちのワイルドストロベリーは食べていなかったのですが、まるまると大きく実った実を見てまた食べてみようと決心し、今朝2個食べてみました。いわゆる「イチゴ」のような実の密度はないものの、以前食べたときとは違うなかなかの美味しさ!何より柔らかな甘酸っぱい香りがとてもいい気分にさせてくれるのでした。

芍薬を観に

025_008
025_009
025_012
025_010
025_011
025_013
025_014
025_015
025_016
025_018
025_019
025_017
025_020
025_021
025_023
025_022
025_024
025_025
025_026
025_003
025_004
025_005
025_006
025_007

025_027

気がついたら花粉まみれ

6月5日、色麻町へ。シャクヤクを写真撮ってゆっくりと眺めるのは初めてのことでした。

シャクヤクとは…(wikiより抜粋)

シャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。学名Paeonia lactiflora。高さ約60cm。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。

牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草である。そのため、冬には地上部が枯れてしまい休眠する。ボタンの台木として使用されるが、シャクヤク自体の花も美しく、中国の宋代には育種が始まった。江戸時代には「茶花」として鑑賞され、品種改良も行われた古典園芸植物でもある。また熊本藩では武士の素養として園芸を重要視し、奨励された。特に六種類の植物が盛んに栽培、育種され、これを「肥後六花」と総称するが、キク、朝顔、椿等と共にシャクヤクもそこに加わっている。この熊本で育種された系統を「肥後芍薬」と呼ぶ。これを含め日本のシャクヤクは一重咲きが中心で、特に雄蕊が大きく発達して盛り上がり花の中央部を飾るものが多く、全般にすっきりした花容である。この花型を「金蕊咲き」と呼び、海外では「ジャパニーズ・タイプ」と呼んでいる。花の形は「一重咲き」「八重咲き」「翁咲き」などがある。