円通院

020_001
020_011
020_003
020_004
020_002
020_006
020_005
020_007
020_008
020_009
020_010
020_012

5/14、松島は円通院へ。新緑の季節にさぞ気持ちのいいことだろうと思い足を運んでみました。

国重文に指定されている三慧殿には支倉常長がヨーロッパから持ち帰ったバラが描かれていて、それに因んだバラの庭があったり、庭園は小堀遠州の作だったり、明暦の大火・関東大震災・東京大空襲を経て現存する1647年移築の木造建築大悲亭があったり、その中で数珠作り体験が流行っていたり、縁結び観音が入口そばにあったり、枯山水の庭園は松島の七福神の島を再現していたり、松島らしく異様な洞窟群があったり、、、そこまで大きくはなくとも見所の詰まった名所です。

バラ園はまだ花が見られなかったので、咲いたらまた見に行こうか。秋には紅葉のライトアップも行われるそうで、そちらも楽しみ。バラの代わりとはいきませんが、乙女椿をおさめて帰ってきたのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中