月別アーカイブ: 2011年5月

レ・ドゥ・マン “ファンタジー”

024

5月29日はレ・ドゥ・マンによる演奏会「ファンタジー」を聴きに應瑞寺へ。ヴァイオリンとチェンバロのデュオによる演奏はお寺にとてもしっくりと馴染んで聴こえるようでした。

いわゆるコンサートホールではない会場でどのような演奏になるのか、とても興味がありました。当日の天候は雨で、窓1枚を隔てて雨音も聞こえる。そこそこ交通量もある新寺通りの程近くで車が走る音も聞こえるといえば聞こえる。とまぁ、とにかく”演奏に適した”状態ではないのに落ち着いて聞けたのは、お寺のスケール感がなせるわざなのかと。音楽を聴く場とは言え、どう見えるか、どう対面するか、などなど、無視できない要素がたくさんあることを確認しました。奈良美智さんがA to Z展の前後で小屋に作品を展示したように、表現と鑑賞者の関係をぐっと親密なものとして引き合わせるような要素なのかなと、思い出しながら聴いていました。

TSUNAMI CRAFT

023

タイのお土産に、カラフルな織物のポーチを頂きました。日本のアイデアイーストという企業がスマトラ島沖地震による津波被害の復興支援プロジェクトとして始めた活動の一環だそう。

東日本大震災を仙台にいながら体験した身としては、大きな被害がなかったのは幸いでした。一方で、次第に元通りに戻っていく都市生活の中で、時が経つにつれ当時の記憶や、直後に抱いた意識を忘れてしまいそうになります。

遠いタイの地で作られたこの織物が、自分の記憶をつなぎとめる品になるのかなと思いました。常に意識する必要はないと思いますが、”忘れないように”そっと傍らに携えて生きていくための装置は、皆がそれぞれの形で持つ必要があるのかも知れません。

ワイルドストロベリー、梅雨目前

022_001
022_004
022_002
022_003
022_006
022_005
022_007
022_008
022_009

前のブログにたくさん記録しておきながら、まだこちらでは登場の機会がなかったワイルドストロベリー。梅雨を前に実を赤くするちょっと手前の様子を写真に撮ります。今朝方は曇ってたのであまりシャキッとしない写真になってしまいましたが、コンクリート打ちっぱなしの地面を背景にしても意外と植物はキレイに見えるもの。

こちらのブログで初めてこのワイルドストロベリーを見られる方のために一言で紹介すると、こいつは僕が高2の頃、イチゴの小さな種の粒から育てたかわいいやつなのです。そこそこ育てて大きくなった鉢を抱えて新幹線に乗り、大学入学とともに仙台へやってきたのはいい思い出です。